2017年07月13日

セイント・テール新章マンガ募集

作業の休憩中に、大好きな作品で続編や
BDボックスなどのグッズが出ていないかなどを定期的に調べています。

「まどマギ」「りりかSOS」「セイントテール」あたりをよく調べます。

昨日、なんとなくセイントテールを調べていたら
pixivで「セイント・テール新章マンガ募集」なるコンテストが!
ちょうど期間中だ!
しかし、新章の漫画家募集ということで、原則漫画形式での募集らしい。

もう少し知るタイミングが早かったら、漫画を描いて応募していたと思う。
今のタイミングで応募用の漫画を描くのはムリ。
夏コミ新刊の片方を確実に落とす。

しかし、大好きなセイントテール。
どうしても一枚噛みたい・・・。
・・・ということで、速攻でラフを上げて、清書して、色塗って
・・・正味半日くらいで仕上げたイラストがコレ
mirei01.png
セイントテール好きのワシの想いをぶつけました。
・・・どうしても、この祭に参加したかったのです!

描いていて思ったのですが、セイントテールのデザインは
暁美ほむらと共通している部分が多いことに気が付く。(主に下半身)
蒼樹うめ先生も少なからずセイントテールの影響を受けているのかもしれない。
そして、このイラストの構図が僕の持っているほむらのフィギュア
そっくりということに後から気が付く。
僕の描く女の子は、暁美ほむらの影響を多分に受けています。ええ。

・・・さあ、今から遅れを取り戻すぞ(汗

・・・ところで、コンテストの応募作品を見ていると
この人に新章を描いてほしくなる漫画、セイントテール愛が
伝わる作品がいっぱいあって幸せでした。
僕のようなオヂサンから、放映当時生まれていなかった世代まで様々ですが
みんなセイントテールが好きという点は同じ。

・・・なんだか同窓会に出席したような気持ちになりました。

・最近、昔好きだった曲を改めて聴くことが多いです。
今日は「星獣戦隊ギンガマン」のOPが素晴らしく良いなと。
曲の壮大な感じがすごくいい。
なぜか以前より好きになったのでした。

「ギンガマンション」というマンションは、探せばありそうだ。
ギンガマンファンは、このマンションに住みたくなるのだろうか!?

探したらありました。文京区に。けっこう近い。でも家賃が高そうな立地だ。
ギンガマン好きが住んでいるのだろうか!?
もしくはオーナーがギンガマンファンだったら面白い。
posted by nihondandy at 17:43| 日記

2017年07月12日

二冊用意する予定なので

お久でございます。
夏コミ新刊を2冊用意するというのは、なにげに初めてらしい。
そりゃ、忙しくもなるのだわ。

新刊特設ページを連休前に用意したかったのですが、
間に合いそうにないので、一週間遅らせて、22日あたりに
貼れるといいな。それでも間に合うか微妙ですが。
創作が二冊ということで、キャラ表も二作品分なのです。

お楽しみに!

・女性向けのエロ漫画(男×女)もけっこう好きなワタクシ。
エロはライトなのですが、女の子がすごく可愛いかったりするので。

そういう作品に出てくる男は、エッチの最中もとってもクールで余裕がある。
ヒロインの女の子が裸で股を開いているのに、
イケメン君は赤面ひとつせず余裕の態度でリードする感じ。

女性は、エッチの最中も普段どおりの表情・態度な男が理想なのかな!?
・・・そんな男の態度ですが、読んでいてそんなに気にしたことがなかったです。
(とりあえず、ヒロインの裸体しか眼中にない)

・・・しかし、ふと思ったのですが
エッチの最中も表情ひとつ変えない
ゴルゴ13(デューク東郷)は理想の男性なわけか。
そりゃあゴルゴ、モテるわ。
やつは、美女が騎乗位でアンアン言っていても
無表情でタバコふかすからね。
posted by nihondandy at 01:25| 日記

2017年07月08日

冷しゃぶ

昨日2017年7月7日は2017.7.7で
7が3つ続いたので、パチンコに行くと当たりやすい!?
もしくは、パチンコ屋はキャンペーンを打っていたのだろうか!?
そんなことを思いました。
肉屋や焼肉屋が毎月29日を肉の日、とくに11月は「いい肉の日」で
大々的にイベントを行うように。

7月7日は僕のオリジナルキャラの魔法少女(未発表)の誕生日。
大学の頃から温めていて、いつか形にしたい作品。
この作品のメイン格の誕生日は、全てゾロ目。
4月4日(主人公)、7月7日(主人公のライバル)、10月10日(主人公の親友)

今回祝った子は、なのはのフェイト、まどマギのほむらのように
「第二の主人公」と呼ぶべきポジションの子。
他作品でも、そのポジションの子にハマリがちな僕ですので
自分の作品でも、そのポジションのこの子は、ひときわ可愛いです。
この子の雰囲気・容姿は、「全裸水泳2」の主人公・黒川まりかに近いです。

この子の好物が「もやし、わかめ等の食感が良くて、味の無い食べ物」。
なので、毎年もやしを食べて誕生日をお祝いしています。
IMG_1077.JPG

今年は冷しゃぶでお祝い。タレはごまダレ、ぽん酢の2種。
具材は思いつきですが美味しかったです。
せっかくなので、ワカメも用意すればよかったと、今思いました。

このメニューは簡単かつ美味しかったですし、カロリーも控えめですので
夕飯のローテーションに入れてもいいかもと思いました。
posted by nihondandy at 04:04| 日記

2017年07月05日

ハーフアップシスターズ

ロングヘアの後髪の一部をおさげにする髪型を「ハーフアップ」というらしい。
僕はこの髪型が大好き。
SAOのアスナ、エンジェルビーツの天使ちゃん、ドキドキプリキュアの六花ちゃん
・・・の髪型がそれ。
うちのキャラでいえば、「島のならわし全裸でみそぎ」のヒロイン・満ちゃんの髪型。

さきほどスーパーで、この髪型の女性を二人も見かける。
ハーフアップの女性が棚を見ている後ろを、
もう一人のハーフアップの女性が通り過ぎる瞬間があって
僕は思わず「ハーフアップシスターズだ(笑)」と思ってしまった。
アイドルユニットなどにいそうな名前だ。
その二人は、同じタイミングで隣り合ったレジに並んだので
またしてもハーフアップシスターズ状態になっていて面白かったです。
ちょっと眼福。
気にして見ているとこの髪型の女性は意外と多い。

そもそも、この髪型が好きになったきっかけは、
中学時代の初恋の相手がこの髪型だったから。
声とシルエットが天使ちゃんソックリ(主観)。
なので、僕のような文化系の男子を中心に人気の子でした。

その子に好きな相手がいることは僕の女友達から聞いていました。
付き合えなくてもいいので、中学卒業間近に僕の気持ちだけ伝えました。
それまで二年近く片想いの毎日だったからか、
告白した後はなぜかスッキリした気持ちになったことを覚えています。
キャー甘酸っぱい!

あの頃からハーフアップを取り入れていたその子は
時代を先取りしていたなと思ったのですが
そのあたりに放映していたガンダムWでもヒロインがそんな髪型をしていたので
時代にかかわらず、一定の人気がある髪型なのかもしれない。
とりあえず僕は、上品でお嬢様っぽい雰囲気になるのでハーフアップが大好き。
posted by nihondandy at 12:55| 日記

2017年07月03日

MARCH OF THE MODS

3月1日に行われたザ・コレクターズ30周年記念
武道館コンサートのBDを開けてみた。

IMG_1062.JPG
そう、これがモッズスタイル。僕の永遠の憧れ。
モッズスクーター+モッズスーツ+モッズコート。

僕はモッズコートを去年の冬コミに合わせて買いました。
あとはスーツとスクーターだ。
最近少々お太りになられているボキなので、
モッズスーツが似合う体型に痩せなければ。

ライブのMCで、リーダー・加藤ひさしがモッズコートを羽織ながら
「レインボーブリッジを封鎖した人のせいで、
一時期モッズコートを着にくくなったけど(笑)・・・」
みたいなことを言っていたけど、このスタイルは時代に関係なく
クールでカッコイイのだろう。
60年代に誕生したファッションが、いまだにカッコよく感じられるのだから。

ライブBDは初めての体験でしたが、DVDよりもずっと鮮明で立体感を感じる映像。
臨場感があります。まさに、目の前で演奏しているような感じ。
撮影したカメラがいいのかもしれない。

会場では、小さくしか見えなかったステージを
間近でじっくり見られたので、当日の追体験+αの体験が出来ました。

会場ではライブのオープニングとして
ステージ上の巨大スクリーンで流れた
超センスのいいムービーが映像特典になっているのも嬉しい。
改めて見てみると、映像のBGMが往年の人気曲の
アレンジ&メドレーになっていて、ファンがニヤリとするBGM。

曲目は、ベスト版といいたくなるような、往年の人気曲のオンパレード。
中でも改めていいなと思ったのが「MILLION CROSSROADS ROCK」という曲。
力強く、軽快なテンポでたいへん盛り上がる曲。

人生を、無数の十字路や遠回りの連続な旅路・・・と例えつつも
歩み続ければ目指す場所へ辿り着ける・・・と力強く
背中を押してくれるような歌詞。

「軽快でキャッチーなメロディ+メッセージ性の強い歌詞」
というコレクターズ節を感じられる一曲。

20代の頃からそれなりに好きな曲でしたが
30代後半のオヂサンになって、改めて聴くと、より好きになりました。

(この曲をネットで調べると、この武道館ライブのこの曲の部分が
Gyaoに上がっていたので、興味を持たれた方はコチラからどうぞ。)

BDのパッケージには「あせるな危険」という注意書きが。
1度全部見て、2度目で副音声(コメンタリー)を聞くと、
幸せな気持ちになるらしい。
まだ1度目の2/3くらいなので、二度目が楽しみです。

このBDは、同じライブのライブCDも二枚組みで付いてくる嬉しい仕様。
こちらはこれからの作業用BGMとして重宝しそうです。
posted by nihondandy at 13:11| 日記

2017年07月01日

塩ラーメンにラー油をぶっかける

ブログ形式の日記を始めて10年以上。
しかし、その前も10年くらい、
高校の頃から不定期で日記は書いていました。

きっかけはささいで、高校の頃、アニメショップに
「怪盗セイントテール」のノートが売っていて、
表紙が描き下ろしで、中には設定資料つき・・・という気合の入った仕様。
価格は700円。
ノートとしては、高校生の買い物としては、ちょっとお高い。

描き下ろし絵がイケていたので、思い切って買いました。
・・・で、そんな高いノートを買ったのだから、使わないと勿体無い。
しかし、学校では使えない。
・・・ということで、日記をつけてみることに。

・・・あの700円のノートがなければ、今こうやって
日記を続けていないかもしれない。

・・・前振り長くなりましたが本題。
あの頃の日記を、ふと見てみたくなりました。
実家を探せばあるはず。
しかし、見るのがこわくもある。
今思うとクッソ真面目で、純粋な高校生でしたので
日記の内容も、真っ直ぐで痛々しいんだろうな・・・。

・・・でも、面白いことも書いていると思うので
そういうのを選りすぐって、ここに書き写すのも面白いかもしれない。
90年代の男子高校生の脳内を公開してみる。
”1996年○月○日の日記”みたいな感じで。
もしくは、スキャンしてアップするのも面白いかも。

とりあえず、今度実家に帰ったときに、お見せするかどうか考えます。

・ラジオで、甘いもの脂っこいもの苦手で、アッサリと辛いもの大好きな
女芸人の子が喋っていて、その子曰く豚骨ラーメンは苦手だが
塩ラーメンにラー油をぶっかけたものは最高に美味い・・・らしい。

その組み合わせをムショーに試してみたくなる
IMG_1064.JPG
ちょうどいい機会だったので、中華三昧の塩ラーメンを試してみることに。
中華三昧は今年、醤油味で初体験。
思っていたよりずっと美味しかったです。
・・・なので、この塩味にも期待。
IMG_1065.JPG
こんな感じで、具は冷蔵庫の残り物を適当にトッピング。

このラーメンは、麺は鍋で茹でて、スープの粉と液体は
ラーメンのゆで汁でのばす・・・という作り方。

初めて作ったときは、
お湯が少なかったのか、ゆで汁がドロドロになりすぎたので
二回目は麺を茹でるお湯と、スープをのばすお湯を別々にしてみた。
しかし、二回目よりも一回目のドロドロのほうが美味しかった。
・・・そこで今回は真ん中取って
「多目のお湯で茹でて、ゆで汁でスープをのばす」という方法で作りました。

・・・結果、美味く行きました。塩ラーメンも美味し!さすが中華三昧。
本格的な味で御座います。
点心とか出していそうなちょっとお高めの中華料理屋な味。

・・・で、ラー油をぶっかけてみた。
ウマイ!辛いのに、塩味と旨みもしっかり感じられて美味しい。
”あっさりタンタンメン”と言いたくなるような
辛さと旨さを両立したラーメンになりました。
これからの季節にピッタリ。

塩ラーメンにはコショウが一般的だと思うのですが
ラー油もかなり合う。
揚げ物に醤油をかけるくらい意外とアリな組み合わせです。
posted by nihondandy at 00:44| 日記

2017年06月30日

プラモデルの話など

中学の頃、逆襲のシャアに出てくるアルパ・アジール
という機体が大好きだったことを思い出す。
あの色とかデザインが大好き。

まだ、プラモデルではリメイクされていないのでは!?
と思ったのですが、やっぱりされていない。
30年ほど前に発売されたキットの出来が良いのも
リメイクされない理由かもしれない。
今出るならRE100あたりか!?
ところで今度RE100で出るハンマ・ハンマの出来が素晴らしい。

・ガンダム00が今年で放映開始10周年。
早いのぅ・・・。
放映当時に予約して買った、グラハム・エーカーのキャラクターCDは
いまだに未開封よ!?
10年寝かせCDになるかも新米。

そんな00。プラモデルもキャンペーンをやるっぽいコチラ
この00は欲しい。カラーリングがオサレ。
10000名なら当たらなくもない気がする。
HG 00ガンダムは、超絶可動のスグレモノ。
当時の感動の様子はコチラ
10年以上ブログを続けていると、こういうときに便利。

・・・しかし、応募のために何か00のキットを買わないといけない。
・・・ちょっと腰が重くなる。

我が家にはバーザムと水中型ガンダムのプラモデルが積んであるので
新たにキットを購入するのはためらいますが、
新作情報を見てあれやこれや思うのは楽しいです。

・先日、ネットで懐かしいローカルCMを漁っていたら
中部ローカルCM集
というのに出会う。
この動画を見れば、東海地方のめぼしいローカルCMを網羅できる
・・・くらい素晴らしいラインナップ。
(個人的には夏休みの午前中のテレビを思い出す)

・・・で、レアというか、注目したいのが最後に入っている
美宝堂(名古屋で有名な宝石店)×リクルートのコラボCM。
タウンワークのCMなのだが、フォーマットは完全に美宝堂というのが面白い。
そして完成度が高い。

最後に会長の声でリクルートのロゴを読み上げるところが好き。
posted by nihondandy at 04:06| 日記

2017年06月29日

ちょっと面白かった

また1週間ぶりくらいのご無沙汰。
最近1週間が早い。
だいたい、寝るか、作画作業か・・・という生活で
とくに書きたいネタが無いというのもあります。

先日、所用で新宿に出かけたときのこと。
所用のついでにディスクユニオンの昭和歌謡館へ。
このお店に、うさんくさいポップスの名曲
「スナッキーで踊ろう」のシングルCDが置いてあると
ネットで知ったので。

店は地下一階。昭和のレコードやCDが狭い店内にビッチリ並んでいる。
店員は若い女性二人。

自分では見つけきらなかったので、店員の女の子に
「海道はじめの”スナッキーで踊ろう”ありますか?」と聞く。
勇気のいる行為だった。
だって、若い子に「海道はじめの”スナッキーで踊ろう”」と言ったところで
「は?」とは言われないまでも、困惑した対応をされる可能性が高い。
「もう一度、商品名を言ってもらえますか?」という
羞恥プレイを強要される可能性もある。

・・・しかし、その店員さんは、即「海道はじめの”スナッキーで踊ろう”」を
理解したらしく、置いてありそうな棚を二箇所ほど確認したのち
「すみません、売れてしまったようです」と教えてくれた。

さすがと思った。
さすが昭和歌謡専門店。若い女の子とはいえ、商品知識はバッチリのようだ。
もしくは、昭和歌謡マニアには「海道はじめの”スナッキーで踊ろう”」は
メジャーな曲なのかもしれない。
僕のように「海道はじめの”スナッキーで踊ろう”」を求めて
来店する客は珍しくないのかもしれない。

どっちにしろ、ちょっと嬉しい体験でした。
posted by nihondandy at 10:11| 日記

2017年06月23日

めんつゆをおためし

・今日の歯医者。多少、痛みは軽減されたものの
完治にはかなりの期間かかるもよう(治療すべき箇所がたくさんあるらしい)。
なので、しばらく治療の経過は書かずに、完治したら書こうかと。

セブンイレブンのめんつゆを買ってみた
IMG_1053.JPG
”セブンイレブンのものはだいたい美味い”と思っているので
スーパーで買えば済むものを、あえてコンビニで買ってみた。
ちなみに値段は170円くらいだったと思うので、高くない。

IMG_1054.JPG
ストレートタイプなので、こんな感じで食べてみた。
・・・うまい!風味豊か。
鰹ダシが効いています。ダシ強めでかなり美味しい。

去年オススメしました、鹿児島の「唐船峡めんつゆ」は
甘めで風味豊か。
セブンのは、醤油強めで風味豊かという感じ。
どちらも美味しい。

入手性で考えると、セブンのが断然上。

・・・しかし、ラベルの裏を見てみると
「保存料を使っていないので、開封後は1回で使い切ってください」
「保存する場合は冷蔵庫に入れて、2〜3日で使い切ってください」
という注意書きが!

・・・マジか!1食で1/3弱しか使っていないぞ!
三日連続でそうめんを食べろと!?

保存性を犠牲に、味にポテンシャルを全振りしたわけか。
ピーキーすぎて吹く。
セブンの本気を見た気持ちです。

コンビニがこんなにピーキーな調味料を出してくるとは思わなかった。
こんなに本気なめんつゆは、道の駅とか自然食品の店にしかないイメージ。

ぼっちには厳しい商品ですが、複数人数でお住まいの方にはオススメです。
味はほんとうに良いので。

僕とこのめんつゆを使い切ってくれる女性を募集します(えー)

*自分でアップした写真を見て気が付いたのですが
これ「めんつゆ」じゃなくて「そばつゆ」なのね。
全然気が付かなかったです。
そうめんで試してしまった。でも、おいしかった。
posted by nihondandy at 13:03| 日記

2017年06月22日

赤坂泰彦 うさんくさいポップス

今日は延々と
「赤坂泰彦のミリオンナイツ」内「うさんくさいポップス」の話なので
それでもかまわない方だけ読んで下さい。

夢に有名人が出てくることがたびたびあって、
今朝は赤坂泰彦さんに車で学校に送ってもらう夢を見る。
そのときの自分は高校生で、記憶だけは現在。

その道中で僕が
「うさんくさいポップスは今でも聴いています」
「うさんくさいポップスは、赤坂さんのツッコミまで
丸暗記しているリスナーはいまだに多いと思いますよ」
ということを、テンション高めに赤坂さんに伝えたら
反応に困られた・・・そんな夢。

「うさんくさいポップス」・・・FMの人気番組「赤坂泰彦のミリオンナイツ」内のコーナー
真面目に作られたけど突っ込みどころ満載な昭和歌謡曲をかけて
曲の上から赤坂さんが激しい突っ込みを入れていくコーナー。

僕は友人にすすめられて1997年冬〜夏(ミリオンナイツ番組終了)まで
毎週楽しみに聴いていました。
高校生当時、ストレス多き受験生だった僕たちの癒しでした。

夢で赤坂さんに伝えたことは本当で、今でも当時の同録テープをデータ化して
たまに作業中に聴いています。
20年近く聴いている音源なので、赤坂さんの突っ込みや、
リスナーからの感想ハガキの内容まで覚えてしまっています。
それくらい好き。

このコーナーはよく「こんなくだらないコーナーを聴いているのは全国で数人しかいない」
と番組内で言っていて、純粋だった高校当時の自分はそれを真に受けて
僕と友人たち3人+全国で5人くらいしか聴いていないと思っていました。

大学に入ると、うちの部に入ってきた新入生がたまたま
うさんくさいポップスのヘビーリスナーで、一気に打ち解けたり
(全国で数人のうち、4人目発見)。
うちの大学に講演に来た赤坂さんが、観客の僕たちに
「ミリオンナイツのうさんくさいポップスだけ聴いていたひと、挙手」
って言ったら結構な数が挙手したり
(全国で数人のうち、数十人発見。もう数字がおかしい)。

2000年代になり、ネットの時代になると
うさんくさいポップスのファンをネット上でたくさん見かけるようになる。
動画サイトにも、当時の音源がいくつか上がったりもしている。

・・・なんだかんだで、かなり人気のコーナーだったもよう。
当時のリスナーと語りたい。
「曲はもちろん、赤坂さんの突っ込みまで覚えている」は
うさんくさいポップスファンあるあるだと思います。
さきほど話に出た、大学の後輩とも
松野「ラジオだから見えねぇと思って、何やってんだお前ら!」
後輩「”恋のチューリップ”でしょ!?」
・・・という感じで、会話が成立するのが嬉しかった。

・・・そんなうさんくさいポップス・ミリオンナイツも
番組が終わって今年で20周年。
当時は戦隊ヒーローの「メガレンジャー」にもハマっていたので
今年は僕にとっては「うさんくさいポップス」「メガレンジャー」
20周年で御座います。
posted by nihondandy at 02:00| 日記