2017年08月25日

一週間早ェ・・・

気が付くと1週間ぶりのご無沙汰。

その間、部屋の物品の整理を中心とした大掃除。
それと並行して、エロゲやったり、ラクガキしたり、
久しぶりにとらで夏コミ新刊やら、コミックやら、
ラノベをガッツリ買い物したり
中野のまんだらけに本など売りに行った帰りに、
昼食で食べた超濃厚豚骨ラーメンがあいかわらず美味しかったり

・・・そんな1週間でした。
いわゆる「休日」らしい過ごし方をさせてもらいました。

しかし、冬コミ新刊・祥子でのネームが浮かばない・・・というか
二つ候補があって、絞りきれない。
それに、突然とびきりいいネタが浮かぶかもしれない。
でもぼちぼち作業にとりかからないといけないので
もっといいネタが浮かぶ可能性も含めて、ネタを1つに絞りたいです。

・歯医者の待ち時間を利用してラノベ「妹さえいればいい。」を
読み進めているのですが、ハマっています。面白い。
歯医者だけでは足りず、家でも読んで、今日だけで5巻と6巻を読破。
自分にはすごく珍しいこと。というか初めてかもしれないハイペース。
あとは最新巻の7巻だけ。
以前「ほぼ毎巻、カントク先生の描くおヌード絵を拝める」と描きましたが
白黒ページもあわせると、いまのところ全巻で拝めることがわかったので、訂正します。
太っ腹じゃのぅ・・・。

基本的にはドタバタギャグ作品、たまにクッソ真面目で熱いシーンもある。
この二つを違和感なく両立させるのは難しいと思いますが
この作品では違和感なくやってのけている感じ。
大雑把に例えると、吉本新喜劇のような。

個人的な要望ですが、カントク先生が原画をされているエロゲ
恋する彼女の不器用な舞台」のヒロイン・七瀬千奈を
コラボ企画でこの作品に登場させたら面白いかもと思います。
学生でありながら、売れっ子官能小説家・・・というプロフィールのヒロイン。
この子なら、この作品に登場しても違和感無いかな・・・と。
なにより、このキャラはカントク先生がデザインしたキャラでは一番好きかもしれない。
容姿的にも性格的にも。
・・・なので、本当に個人的な要望。
posted by nihondandy at 02:26| 日記

2017年08月19日

ラー油おいしい

冬コミの申し込みが完了しました!
c93cutnd02.png

カットは久住祥子(くずみさちこ)。
2014年発行の「アイツといっしょにお風呂」のヒロイン。

実は、この子とは別に冬コミ新刊で描きたいヒロインはいて、
内容も決めていました。
そして、サークルカットを描く際に初めて絵にしてみたのですが
・・・「すごく地味!」
カラーなら多少華があるデザインな気がしていたのですが
白黒だとすっごい地味。これは想定外。

ところで、自分で自分の作品をオカズにすることが時折あります。
いつも思っていることが「ここ数年だと、祥子を描いていた頃の絵が一番かわいい」
「どの作品ももう一押しエロいと最高なのだが」・・・という2点。

描いている最中はいつも、すごくエロいと思いながら描いていますが
時間が経って読み返すと、これはこれでエロいんだけど
もう少し突き抜けたエロさがあれば、もっといいオカズにできた。
・・・と思える過去作が少なくないです。

・・・次回冬コミ新刊は、その2点をテーマにした作品にすれば良いのでは!?
つまり「ここ数年で一番かわいいと思った子で」「これまでになくエッロい作品」。
そんな漠然とした目標を立てて、このカットを描きました。

数年前に描いた子を再び主人公として描くということで
読者様には新鮮味が無いかもしれません。
「毎回新しいヒロインが登場する」のは、
当サークル作品の売りかもしれないと思っています。
しかし、祥子にはそれを差し引いても
余りある魅力を感じていますので、この子で行ってみます。

内容はこれから決めます。難産になると思いますが、その先には最高にエロい
ネームが待っていると思うとやりがいがあります。

・・・ただ、突如、他のスンバラシイネタやヒロインを
思いついてしまった場合、突然のネーム変更はたまによくあります。
「現時点では、祥子ですっごいエロいのを描こうとしている」くらいに思ってください。
結局どんなキャラでどんな作品を描き始めるのかは、僕すらわかっていません。

・以前「塩ラーメンにラー油をぶっかけるとすごく美味い」という話をしましたが
最近、ラー油にハマっています。
ラジオで聞いた「冷奴+ネギ+塩+ラー油」も美味しかった。
「ポテトチップス+ラー油」も、カロリー的にアレな気もしますが、美味しかった。
納豆とラー油も美味しいです。
野菜炒め系にも間違いなく合う。
ポン酢+ラー油でカンタンに中華風ドレッシングができる。
コンビニのチャーハンにかけても美味しかった。
・・・まだまだありそうです。

ところで、ラー油はかどやのが美味しかったです。
ほかのものより、辛くて、ゴマ油の風味が豊かでした。
さすが油専門のメーカーといったところ。

・夏コミから1週間ほど経ちます。あっという間な気もしますが
夏コミがとても前のことのよう気もします。
いつも、イベント直後は既刊の整理、原稿中にちらかりまくった部屋の整理、
それにともなう、中古屋(中野のまんだらけ)に持っていくアイテムの選定・・・と
ゆるく忙しいのですが、今週は天気が悪かったのでデスクワーク中心の生活
(冬の申し込みやラクガキなど)をしていました。
ゆっくりさせていただいたので、気力体力ともに補充できた気がします。
・・・まぁ、今週後回しにした力仕事系の雑用(部屋の整理など)を
来週天気のいい日にしなければいけないのですが。
大掃除系の作業はなんとなく天気のいい日にやりたい。

まんだらけに本などを売りに入った帰りに、
二代目武道家で超濃厚とんこつラーメンを食べたいのぅ。
ラーメンを楽しみに、雑用を黙々とこなそうと思います。

来週は雑用をこなしながら、ネームを考えようと思います。
posted by nihondandy at 17:35| 日記

2017年08月17日

今日はハイナの日!?

8月17日はゴロあわせで「ハイナの日」と呼んでいます。
うちの作品「きょうの体育は全裸水泳」のヒロイン・麓天ハイナちゃんです。
誕生日というわけではないです。
誕生日は設定したようなしていないような・・・。

そういえば、10年前の今くらいの時期に「きょうの体育は全裸水泳」
というシリーズを思いついたっけ!?と思い出す。
あの作品は、2007年の夏コミ明けて、滋賀県の実家の近くをドライブしているときに
思いついた作品です。あっというまの10年です。

その頃の日記で、そのことを書いていないかと思ったら
この日の日記でちょっと触れています。
この「とある計画」が「全裸水泳」のことです。
それはそうと、この日記を見ていると、その頃の自分の生活が垣間見れます。
地元のケーブル回線の工事が遅れまくっていて、
半年ほどネット無し生活をしていたなとか
机の後ろに、その時ばんがいちで描いていたヒロインのキャラ表が貼ってあるや
とか、NHKのど自慢の公開放送を母親と観にいったな・・・とか。

10年以上日記をやっていると、こういうとき便利ですね。
恥ずかしい気持ちにもなりますが。

・ふと思い出したことですが、露出テストプレイ2の高橋サキのような
「見た目はヤンキー系だけど、中身はそんなことない」というキャラを
描こうと思った、遠いきっかけを思い出しました。

15年くらい前。母親のパート先にヤンキー系のバイトの女の子がいて
その子が休憩中に「○○さんはタバコ吸わないんだ?」と
しょっちゅう仕事仲間に聞かれるので
ある日その子が「ヤンキー系が全員タバコ吸うと思うなよ!」と
キレていた・・・そんなエピソードを母親から聞きました。

そのときはちょっと面白いなくらいに思っていました。
でも、ちょっとかわいいな。なんならそのヤンキー系の女の子を
見てみたいなという気持ちも若干ありました。

・・・たぶん、その記憶が薄っすらと、サキというキャラを考えるときに
混じったのだと思います。
サキはといえば、見た目はヤンキー・ギャル系、中身は真面目な優等生。
ということで、どちらのコミュニティにもイマイチ馴染めない。
結局あの美術部や、郁夜がなんとなく肌に合う・・・そんな子です。
posted by nihondandy at 03:01| 日記

2017年08月15日

平坂先生スゲぇ・・・

コミケ開けて一日目。人によってはコミケ4日目。
朝目が覚めて、カラダがすごく重い。しかばねのような。
単純に、昨日がハードだったことと、6月ごろから巻き目でやってきた
夏コミ進行も終え、コミケも無事乗り切れた・・・ということで
緊張の糸がプッツリ切れたというか、脱力状態。

ベットの上でウダウダしながら、今日と、しばらくの予定を立てる。
夏コミ終わったら、エロゲやラクガキなど、
ガマンしていたことをやりまくるぜウェーイ!
・・・と思ったのですが、既刊の整理、部屋の整理などなどの
GM(事務)作業がたくさんあって、手放しでフリーという感じでもない。
とくに、冬の申し込みは優先的にやらなければ。

昼はGM作業、夜は好きなことやる・・・しばらくはそんな日程でやろうかと。

・さっそくですが、今日の夕方、歯医者の予定が入っていました。
週一で通っていて、一箇所ずつ治してもらっているのですが、
毎週歯医者の日はブルーです。歯の治療が好きな人はいないでしょう!?

歯医者の待ち時間を利用して、10月からアニメが始まるラノベ
「妹さえいればいい。」を読み進めています。
「カントク×平坂読のスペシャルコンビ」
「登場人物の名字がもれなく岐阜県の地名」
「ほぼ毎巻、カントク先生のおヌードイラストを拝める(超重要)」
・・・ということで、応援している作品。

ヒロインの一人、白川京(しらかわみやこ)がかわいいなと思って、
アニメ化が来たら、この子で同人を描きたいと思っていたので
このタイミングで、挿絵だけ見て買い続けてきた小説を
1巻から順に読破しています。

もともと文字嫌いで、ラノベは毎月2〜3冊買っていますが
絵しか見ていない・・・という困ったちゃんなワタクシ。

・・・しかし、その気になって読んでみると、面白い。
今日歯医者で読んでいたのが2巻の終盤。
このあたりの展開が熱かった。
基本的には、ラノベ作家の楽しくもバカバカしい日常をつづった作品ですが
このあたりは目頭が熱くなりました。
白川京の魅力が爆発するシーンでもある。

カバーはかけてあるものの、歯医者でラノベを読みながら涙する
そんなオヂサンはキモイなと思い、その時点で一旦読むのをやめる。

・・・家に帰って、読書再開。
いつのまにか3巻、4巻も読破していました。
こんなに夢中になってラノベを読んだのは「僕は友達が少ない。」以来だと思います。
・・・なので、平坂読先生の作品が肌にあっているのか、
単純に平坂先生の力量なのか、わかりませんが、平坂先生はすごいな、と。

この作品がますます好きになるとともに思うのが、
よくわからないけど、エロ同人の展開が浮かびにくい作品です。
原作が十分エロいのもあるかもしれませんが、エロ展開が浮かびにくい。

僕の場合、大好きなキャラ=エロ同人を描きたくなるでは必ずしもないです。
たまに、好きだけどエッチなシーンが浮かびにくいキャラ・作品もあります。
「地下鉄に乗るっ」もそんな作品。大好きだけどエロ同人を描きたいとは思いません。
この「妹さえいればいい。」も、一冊本を描くのか、コピー誌で数ページ描くくらいにするのか
判断に迷う感じです。
でも、作品としてはとても好きになりました。

・夜、買い物に行くとき、早くも虫の音が秋のものになりつつありました。
最近涼しいのもあるかもしれませんが、秋の訪れをわずかに感じられて
ちょっと嬉しかったのでした。

それはそうと、洗濯したいのぅ。最近なかなかスッキリ晴れる日がないです。
posted by nihondandy at 01:51| 日記

2017年08月14日

コミケ当日のようす

夏コミ無事終了。お疲れ様でした&ありがとうございました!
今回、会場の最果てともいえる、東7の奥でしたが、
わざわざ足を運んでいただき感謝です。

打ち上げを終え帰宅し、この日記を書きながら疲れがピークなったので
一旦寝て、風呂に入り今、日記をまた書いています。
記憶が新鮮なうちに、今日の一日を振り返ってみようかと。

朝8時過ぎ会場入り。シャッターが開く前はなかなか蒸し暑い。
そんな中、せっせとブース設営。
今回も、ボブさんと、ボブさんを通じて知り合ったT君に手伝っていただく。
今回もたいへんお世話になりました。感謝です。
ボブさんの接客、売り方の手腕は相変わらず。自分ではああはいかないです。

会場前、顔見知りのご近所のサークルさんが挨拶に来てくださる。
とくに、今回の新刊のふたなり本は、そらむねさんの影響なくては描かなかった本なので
真っ先にそらむねさんに挨拶に行かねば・・・と思っていたのですが
向こうから来ていただく。
粗品としてこんな品をいただく
IMG_1132.JPG
ふたなりサークルということで「うまいビンビン棒」。
うまい棒に、油性マジックで書き足してあるのですが、
このやっつけ感も含め嫌いじゃないです。

彼は若いイケメン君な上に、こんな関西芸人的なセンスもあるのか。
・・・と、ちょっとウラヤマシク思うのでした。

結局今回はコンスタントに忙しくさせていただきました。
ありがたいことです、本当に。
途中小一時間ほど休憩&買い物タイムをいただいたのですが
東1〜6に行くにも、西に行くにもかなりの遠回りが必要だったので
心が折れました。今回は結局ずっと東7、8にいました。

15時前。前回冬コミでは、宅配便受付が混んで閉会時間を過ぎてしまったので
今回は早めに荷物を発送しようと、荷造りを始める。

そのタイミングで、東1〜6の知り合いの作家さん・こちらから挨拶に
伺わねばと思っていた作家さん数人に来ていただく。

そのタイミングがドリフのコントのようでした。

「お父さん、今回は早めにヤマトで発送しちゃうぞー!」

そのタイミングで一人挨拶に来ていただく。
嬉しくも楽しいことなので、その場で少し話し込む。
話し終わり、その方が去る。

「お父さん、今回は早めにヤマトで発送しちゃうぞー!」
荷造り作業再開。
そのタイミングでまた一人挨拶に来ていただく。

・・・そんなことが、数回あり、結局前回と同じような時間に。
今回受付窓口を増加したらしく、それでも前回よりはだいぶスムーズでした。
一応無事発送完了。

そんな状況だったので、挨拶に受け答えしながらも、
だいぶソワソワしていたと思います。
申し訳なかったなと。本当はどの方とももっと話込みたかったです。

・・・ただ、そのドリフ的タイミングの良さで何回も
荷造り作用が中断されたのが面白かったです。

もちろん、挨拶に来ていただいたことには恐縮と感謝しかないのですが。

新刊交換でいただいた本や、自分の戦利品は、ダンボールの空きスペースにいれて
発送してしまったので、それらを読めるのは明日以降。楽しみ♪
どのみち、今夜は息子がそんなに元気ではないので、これでいいのだ!?

・・・帰りの打ち上げは、いつもの御徒町の中華居酒屋ではなく、
上野の韓国料理屋に行き、デザートとして近くの甘味処に行く。

韓国料理屋。コース料理+みんなで好きなドリンクという感じで飲んだのですが
料理がどれも美味しかったです。初めて食べたものが多かったのですが
とくにチーズチヂミが最高でした。
デザートの甘味処。オススメのクリームあんみつをいただく。
甘味処にほとんど行かないし、そんなにあんこが好きではない僕ですが
このクリームあんみつはかなり美味しかったです。

・・・そんなこんなで帰路につく。
帰りまでなんとか天気がもってくれました。
雨がほんとうに心配だったのですが、
荷物のダンボールを濡らさずにすみました。
posted by nihondandy at 01:53| 日記

2017年08月11日

セルフ羞恥プレイ

いつもはコミケ前日くらいに、コミケではスケブをお受けできないことと
ポスターを一名様に差し上げることを書くのですが、今回は入稿直後の更新で
特設ページにそのことも書きました。
一応、ご報告。

・僕が大好きな某漫画。デジタルで1話ずつ配信で、
話数がたまったら単行本化・・・という作品。
その最新話が配信されたので読んでみる。

今回は「温泉回」っぽい。
大好きな作品ではあるものの、サービスシーンが無い作品だったので
内心色めきだつ。

思わず、流していたBGMを止める。ダラっと座っていた姿勢を正す。
しかし、あくまでも、いつもの調子で読み進める。
話の終盤で、待望の入浴シーン!
・・・タオルラップ巻きで完全防備やし・・・orz

・・・読了。好きな作品なので、面白くはあった。
しかし、この期待に膨らんだ心と股間はどうしてくれよう。

「好きな作品だし、話自体は面白かったからいいか。」と言い訳を考え始める。
態度も、平静を装い、紳士的に振舞おうとする。
誰も見てないのに!

家で一人なのに、動揺を表に出すまいとするこの心理は何だろう!?
・・・得体の知れない羞恥心でいっぱいになるのでした。

・現在、コピー誌の下描き終盤→ペン入れという感じ。
版権モノで2ページ(2キャラ)描く予定でしたが、
1キャラがなかなかうまく描けない。
大好きなキャラなんだけど、一発で上手く描くのは難しかったです。
もう1キャラは一発でそれなりに描けたので、そのまま行くことに。
なので、かわりに描きたい候補に入れていた過去のオリジナルキャラを
一人追加することに。
お楽しみにです。過去のお気に入ったオリジナルキャラを
再び描けるのは楽しい作業です。
posted by nihondandy at 14:48| 日記

2017年08月10日

たまにはムッチリもいい

昨夜、二冊目の入稿が済みました。
今日の日中で、サイト更新などを済ませ、
ただ今、当日用のコピー誌原稿をやっています。

・・・が、脱力感がすごい。
新刊二冊にゲスト原稿(けっこう気合入れた)。
6月からスケジュール巻き気味でやってきて、なんとか
どれも入稿まで済ませることができました。

・・・まだだ、まだグッタリするわけにはいかん!
ある意味、入稿前よりしんどいかもしれません(笑)

・・・たぶん夏コミ後のどこかで体調崩す。

それはそうと、新刊はどちらもエロいと思います。
僕自身、完成品を手に取るのが楽しみです。
作画中から原稿は全部見ているのですが
本になって、通して読むのは、また全然違います。

楽しみだ&お楽しみに!

・・・しんどいと言いつつも、コピー誌原稿も
完成させて読むのが楽しみです。
内容をちょっとぶっちゃけますと、
何気に評判のいい&僕も描きたくなったので
凪子で2ページ。
最近ムラッと描きたくなった、
過去のオリジナルキャラで2ページ。
版権モノで2ページ。
・・・そんなうちわけです。

・入稿直前に思ったこといろいろ。
新刊「水泳部女子部員男子の前で生着替え」を描きながら
後輩のほまれちゃんのカラダが「おいしそうだ」と、つい思ってしまう。
思わず「オッサンか!」と自分で突っ込む。
女性のカラダに対して「おいしそう」って言うのは、80、90年代臭がプンプンします。
昔の人は、よくそういう言い方をしていた気がします。
嫌いじゃない。

基本的に華奢な体型(か細くて貧乳)の子が大好きなのですが、
ほまれちゃんのようなムッチリな子をたまに描くと楽しかったです。
それでも他の作家さんが描く”ムッチリ”よりは全然スレンダー。
いっそ、ぽっちゃりレベルでむっちりさせてもよかったかも。
ほまれちゃんは体質的にも、お年頃的にも脂肪が付きやすいカラダなんだろうな
・・・って考えると、よけいこの子がエロく思えてきました。

華奢な夕季江は、いつも食べてるアッサリ醤油ラーメン。
ムッチリなほまれは、たまに食べるとすごく美味しい、コッテリ家系豚骨醤油ラーメン。
そんな感じ シュッ (仮面ライダー響鬼 懐かしいネタ)

うわぁ・・・久しぶりに二代目武道家のラーメンが食べたくなってきたじゃあないか!

・作画作業でも、特に単調なものを長時間やる場合は
ガンダムオンラインの実況動画をBGMにすると、なぜかはかどります。
適度な騒音というか、長さがちょうどいいというか。

でも、バスや電車の前面展望動画もなかなかいいということに
今回気が付きました。長時間のものが多いので、
こまめに操作しなくていいのもよい。
こちらも適度な騒音、むしろ静かな騒音(変な言葉ですが)で
落ち着きます。
とくにオススメなのが、田舎の路線バス。
客が少ないのか、騒ぐような層が乗っていないのか、車内がとても静か。
音はほとんど、エンジン音とたまに入るアナウンスのみ。
作業に集中したいときに、適度な音です。

・・・作業用BGMとしてだけではなく、
趣味としても前面展望動画を見るのは好きです。

・・・前々から、旅の観光地や道中の風景を
ただ撮って流すだけの旅行番組を見てみたい、
あってもいいんじゃないか!?と思っていましたが
前面展望動画は、それにかなり近いです。

ダーリンハニーの吉川さんがやっている「鉄道ひとり旅」という番組も
それに近いです。
芸人の鉄道旅をただ撮って流すだけ、尺の編集以外はほぼ無加工。
至極シンプルな造りの番組ですが、自分も現地に同行しているような感覚を覚えますし
シンプルで静かな雰囲気の番組なのでとてもリラックスして見られます。
この番組もすごい好きです。
posted by nihondandy at 00:36| 日記

2017年08月07日

思い出しあるある

「僕はともだちが少ない」に出てきた、見た目が美少年な女の子の名前。
ここ数日、思い出せませんでした。
調べればすぐわかるのですが、自力で思い出したい!
と、ここ数日思い出しを図っていました。

・戦国武将みたいな名前
・「吉、右、宗」のどれかが入っていた。

この断片的な記憶を元に思い出しを図る。
ムネマサ、ヨシムネ、ムラマサ、ムラサメ・・・どれもしっくりこない。
今日の昼に突然思い出す「幸村」だ!
真田幸村の幸村か。
「吉、右、宗」どれもはいっていない(笑)

・・・思い出しを図るときの
「○○という頭文字で始まる」「○○という文字が入っている」
は全然外れていることが多いです。

先日も、某生配信を見ていたら
「紅芋の外国名。頭文字が”ヌ”で始まるけど、思い出せない。」
と言っていて、出演者、視聴者がともに「頭文字がヌで始まる単語」を出していましたが
結局答えは「ウベ」でした。
”ヌ”関係ないやし。

このパターンはたまによく出会います。
posted by nihondandy at 03:15| 日記

2017年08月06日

プロモーションの力

鰻を焼くいい香りを「鰻香(まんこう)」と呼ぶ。
という「小沢昭一的こころ」で得たトリビアを今年も披露してみます。
お鰻香ー♪(キャプテンコマンドー風に)

今年は土用の丑が二回あって、一回目は当日スーパーに行くまで忘れていて
(1冊目の入稿作業でバタバタしていた)、しかもその日は食べたい物を決めて
買い物に行きましたし、鰻がそんなに好きじゃない自分は
いつもどおり、鰻のかわりに肉料理を食べて、スタミナを付けました。

二回目の今日は上京して初めて
IMG_1128.JPG
うな丼と洒落込みました(ドッギャーン!)

その心変わりのきっかけは何か!?というのが今日のメイン。
先日、ちょっと離れたスーパーに行ったときに鮮魚コーナーで
ヒーローソング風のCMソングを耳にする。
今ではベタになりつつあるヒーローソング風CMソング。
”よくあるCMソングか”と思いつつ、一応何のCMか気になったので聴いていると
「霧島湧水うなぎ」という鰻のCMソングとわかる。

ちなみに、今ではスタンダードのひとつになりつつあり
目新しさはそんなにないヒーローソング風CMですが、
目新しかった頃(15年くらい前)は、けっこう好きでした。
「日本ブレイク工業」社歌はCDを買い求め、カラオケで歌うくらい好きでしたし
焼肉屋さかいの「Mrサカイ」のテーマも好きでした。
だから、一応このテのCMは好き。余談。

家に帰って、調べてみると、スーパーで流れていた曲が
MVとして上がっていました。

鰻師の蒲焼 山田水産株式会社

このMV(ミュージックビデオ)が気に入ってしまいました。
ラーメン屋風黒Tシャツオヤジ達の修行風景!?
全然鰻に関係なさそうな映像ですが、無駄にアツイ。男の色気すら感じる。
そして、鰻が加工される映像がすごく美味しそう。
そして、何気に覚えやすい曲。

・・・そんなこんなで、鰻に全然興味が無かった自分が購入に至る。
IMG_1125.JPG
まんまとでゴザル(笑)
鰻が普通に好きな方なら、もっとそそられるMVと思われる。

・・・で、この「霧島湧水鰻」の味は!?
真空パックを開けたときから、いい鰻香が。腹の空く香り。
最初の写真のように盛り付けて、いただきます!

鰻の味が濃い!うまい。
うな丼はタレの味がメインと言われますが、
この鰻は身の味・脂の旨みがしっかり味わえます。
逆に、タレが少なかったので、もう一袋つけて欲しかったところ。
これは「本体をしっかり味わえ」というメッセージなのか!?
とりあえず、美味しかったです。

僕が鰻に興味がない理由は「皮が生臭い、身に弾力が無い」です。
ですが、この鰻は皮も美味しかったですし
身の弾力は、鰻なので、もちろん無かったのですが
味が良かったので、やっぱり美味しかったです。
鰻は、食感ではなく、味を楽しむ魚なのかな!?と思いました。
ちなみに僕が好きな魚はサバとかホッケです。
イカタコはもっと好きですが、魚ではないですね。

精がつきました。午後も仕上げ作業頑張るべ。

・CMソングついでに、最近というか、
前々から大好きだったCMソングですが、
最近フルバージョンを発見したのでよく聴いています。

hearty trip 三重交通

三重交通のCMソング。
(ニコ動にまったくアレンジを加えていないバージョンがあるので
気になった方はそちらも検索してみてください。ほとんど差はわかりませんが。)
90年代前半っぽいちょっと懐かしい曲調。
でも、爽やかでキャッチー。
音源化はされていなくて、歌手、作詞作曲・・・も不明という曲。

でも、ネット上にはこの曲のファンが少なからずいるもよう。
いい曲だもん。
名曲だと思います。

三重県に行きたくなるね。三重もいいところ。
posted by nihondandy at 15:37| 日記

2017年08月03日

じむさぎょう

今日の日中は、既刊の発送と、
ショップ様への新刊二冊目の事前発注という
GM作業を済ませました。

既刊の発送でゆうぱっくを申し込みに近所の郵便局へ。

東京の郵便局員の方は、コミケ対応が整っていて
「私も一日目に参加するんですよ」とか「がんばってくださいね」などと
声をかけていただいて、嬉し恥ずかしな羞恥プレイを受けることが
たびたびありました。
もちろん、嬉しく、ありがたいことです。

今回の局員の方は、局員の業務自体が不慣れな感じの方で
伝票を渡すと「局留めの場合は、受け取り先の
住所氏名電話番号の記入もお願いします」とお願いされる。
(局留めの場合に、万が一、留めておく局を間違えた場合でも
届け先の連絡先がわかっていれば対応できる・・・という理由で
なるべく書いてもらうようにしているらしい。)

しかし、こちらにはコミケットアピールに書いてある
郵便局留め以上の情報はないので
コミケットアピールの冊子を見せて、先方(準備会)もこの書き方で
かまわないと書いてあることを説明し、
ベテランっぽい他の局員の方も「それで大丈夫」と言ってもらえたので
荷物を受け付けていただけました。

一応断っておきますと、その局員の方に不満があるわけではなく
接客自体は真面目で丁寧で、気持ちのいい応対をしていただきました。
ただ、同じようなケースに会って戸惑われた他のサークル様がいたら
これを読んでちょっとは安心できるのではないかと思ったので
「うちもそうでしたよ」「たまによくあることですよ」
という意味で書かせてもらいました。
こういうことはコミケ参加者自体が珍しい地域では、
よくあることかもしれませんね。

こうなると、やっぱり多少羞恥プレイを強要されても
コミケ慣れた局員の方のほうがいいです(笑)
いや、ここの局員の方は全面的に好きですけどね。
ここの郵便局は、うちの地区のお店!?では、
接客の気持ちよさがトップクラスなので。

・買い物に行った際、クラッシックカーと言いたくなるような
古いスポーツカーを見かける。
しかも運転手が、その車に似つかわしい、銀髪サングラスの
ナイスミドルだったので「キマって」いました。

この車のオーナーは、相当な風流人なんだろうなと思い、
嬉しくなりました。

こういう人を見かけると、思わず「風流天使」という言葉が浮かびます。
元々は高校の時、世界史で習った「風流天子」という言葉ですが
勝手に脳内で「風流天使」と変換して使っています。
「ロマンチックで天使のように輝いている人」くらいの意味で使っています。

「風流天使」と書いて「ロマンチックエンジェル」
「来夢来人」と書いて「ライムライト」
・・・別のペンネームを名乗ったり、何かのゲームの
ユーザーネームを付ける際に使ってみたい名前です。
posted by nihondandy at 18:18| 日記