2018年01月22日

横浜撮影編

ちょっと前になりますが、所用でさとうさんに会いに
横浜へ行ったですよ。

地方出身にとって、横浜はテンションの上がるハイソでオサレな街。
せっかくなら横浜でしか食べられない店に行こうとということで
気になっていた、シウマイの崎陽軒が経営する中華レストランで
ランチと洒落込みました。

横浜駅地下街で、ちょっといい中華料理が
お値打ちにいただけるお店です。

僕はオススメランチを注文。
IMG_3171.jpg
弁当の冷たいシウマイしか食べたことが無かったので
(それはそれでウマイのですが。)
この温かいシウマイが気になっていました。
IMG_3172.jpg
あとから来たメインの牛肉と山芋の炒め。

そして別注で単品のシウマイも注文
(こちらはさとうさんにご馳走になる)
この別注のシウマイが、セットのシウマイより断然美味しかったです。

ほかの料理もなかなか美味しく、マーボー豆腐も
山椒の効いた本格的なもので美味しかったです。
なにげに量が多かったので、何度もマーボー飯がやれました。

そこから地下街奥のイタリアンの店で、お茶&延々とダベる。
なかなか快適で穴場でした。

さとうさんとは夕方に別れ、
僕はせっかくの横浜なので、海辺で夜景撮影と洒落込みました。

僕の尊敬する写真家・水野克比古先生いわく
「夜景は日没前後がもっとも美しい」。
そのお言葉に従い、夕暮れを狙って山下公園へ向かう。
山下公園はみなとみらい方面も、ベイブリッジも撮れる
恰好の撮影スポットなので。

ちょっと道に迷って、山下公園よりも北の海岸に出てしまう。
この日は快晴だったものの、とても寒く
また、病み上がりであまりムリをしたくなかったので
このあたりでもいいや、と妥協したくなる。

ちょうど、以前から写真で見ていたナゾの建造物の近くだったので
近づいてみる。
奥にずっと歩いていけそうだったので、入ってみる。

・・・すると、ここが絶好の撮影スポットでした。

そのナゾの建造物とは、横浜港大さん橋国際客船ターミナル
通称「くじらのせなか」。

基本的には巨大客船用のさん橋のようですが、
とても広く、そこそこ高さもある建造物なため、
上面は公園に、内部は大ホールになっているようです。

さん橋とは思えないような、有機的で前衛的なシルエットな建造物なので
僕は「ナゾの建造物」と呼んでいました。

その大さん橋公園入り口。
IMG_3185.jpg
こんな感じで、公園全体が木製の斜面で構成されています。
割と高い位置にあるので、北にはみなとみらいエリア、
IMG_3195.jpg
南にはベイブリッジがしっかり見えるなかなかのビューポイントです。
IMG_3188.jpg

その上、この公園全体が近未来的なデザインですので、
ドレス&タキシードで結婚式用の撮影をしているグループが何組かいました。
(すっごい寒そうだった)
たしかに、ここで撮れば絵になります。
アーティストのPVにも使われそうな空間です。

いよいよ日も沈み、撮影タイム。とても寒いのですが、
夜景がキラキラして夢中でシャッターを切りました。
(写真 拡大できます)

みなとみらい方面と
IMG_3222.jpg

ベイブリッジ
IMG_3229.jpg
とっぷり日が暮れたあとの夜景も見事でした。
IMG_3233.jpg
IMG_3249.jpg
ずっと見ていたかったのですが、いかんせん寒かったので
17:30くらいには退散しました。
んで、この翌日からものもらいが出来て
1週間ほど、ウダウダした日々を過ごすのでした。

今はものもらいもほぼ治り、じょじょに次回作の準備を進めています。
posted by nihondandy at 19:47| 日記

2018年01月21日

コミ1申し込み完了

4月30日開催。COMIC1☆13の申し込みが済みました。

cm13nd003.png
年が明ける前から
「次回作はヒロイン全裸拘束シチュを力一杯描きたい!」
と思っていました。

僕は、物語の正ヒロインが敵にさらわれて、次に登場するときは
なぜか敵陣で素っ裸に剥かれている。
(場合によっては拘束されている)
もしくは正ヒロインが敵にさらわれて行方不明になって、
次に登場するときは敵に素っ裸に剥かれた姿で
主人公の少年や、仲間の前に突き出される。
・・・そういう展開がすごく好きです。

物語の中で、前回までカッコイイコスチュームで
カッコよく活躍していたヒロイン、
もしくは主人公少年に寄り添ってきた可憐なヒロインが、
敵に捕まる。
次回登場するときには、なぜかフルヌードにされている
・・・というのは、ものすごく興奮するものです。

数あるエロシチュエーションの中でもトップクラスに
ヌケるシチュエーションです。個人的には。

そんな大好きな展開を自分でも描いてみたい。
他の作品では飛ばされがちな、さらわれて→剥かれる過程も描いてみたい。
(突然素っ裸で登場するのも、それはそれでエロいのですが)
仲間の前に素っ裸で突き出されるシーンもじっくり描いてみたい。

・・・そんなエッチな目に遭わされてしまうのが、
ファンタジーや魔法学園モノのラノベに登場しそうな
カッコ良くて、カワイイヒロインだったら最高だ。

ちなみに「正ヒロイン」とは物語の中で
一番メイン格の女の子のことです。
SAOならアスナ、リゼロならエミリア、
ビルドファイターズならフミナ先輩のポジションの子です。

・・・そんな、僕の
「大好き(ぜったいエロいはず)」「やってみたかった」を
詰め込んだ作品になると思います。

サークルカットは、次回作の
正ヒロインとなる「燐音(りんね)」ちゃん。
主人公少年の1コ上。幼馴染。スタイルは割りといい(やや巨乳)
明るく気さくでやや気が強い、主人公にはお姉ちゃんぶる
・・・そんなイカニモ正ヒロインなタイプの子です。
サブヒロインに、イカニモ僕が好きそうな、
ツンデレ貧乳美人さんも登場します。
この子のサークルカットも用意したのですが、
燐音のほうが上手く描けたので結局燐音にしました。
舞台は「現代・学園」「近未来・魔法学園」「RPG風ファンタジー世界」
・・・どれでいくべきか、まだちょっと迷っています。

次回作は普段描かないような物やシーンをいろいろ描くことになり
作画が難航しそうなので、早目早目で、時間を確保して
締め切りに間に合わせたいです。

普段以上に手間はかかりそうですが、仕上がればすごくいい
オカズになると思います。僕にとっては。
・・・皆様にもいいオカズになってくれると、いいな。
posted by nihondandy at 16:09| 日記

2018年01月19日

採集日記(予告編)

毎年、正月明けてしばらく経ったこの時期のお楽しみ
「受験生応援商品の採集」。

毎年、各メーカーがムリヤリ受験にこじつけた
ダジャレネーミングの商品を出してくるので、
そのカラダを張った一発芸を拝見するのを楽しみにしています。
やや上から目線ですが、本当に楽しみにしています。

ただ、問題もあって、そういう商品はたいていお菓子やカップ麺。
カロリーを気にするお年頃のボキにとって、
それらの食品のストックが家に貯まることはあまり歓迎できない。
ようするに、採集は楽しいけど、
消費しなければいけないことを考えるとちょっと気が重い。
そんな感じ。
ある意味、僕にとってもこの「受験生応援商品の採集」は
カラダを張った企画かもしれません。
(お菓子もカップ麺も大好きだし、とても美味しいのですが。)

ただ、去年ごろからメーカーも頭を使ってきて、
「苦しいダジャレは言わず、応用レシピで受験生応援メニューを載せる」
みたいに「苦しいダジャレは避けて、なおかつ受験生は応援しよう」という
僕にとっては少々つまらない傾向にあります。
例えるなら、芸人さんが無茶振りをされて、テンパリながらも、
その無茶振りをクリアするところを見たいのに
賢い芸人さんで、その無茶振り自体をかわされてしまった。つまらん。
そんな感じ。

マイルールで、「受験生応援商品に出会ったら買わなければいけない」
というしばりがあります。
そんなにパンチもなく、笑いも取れない商品であっても「受験生応援」の文字が
パッケージに書かれていたら買わなければいけません。
「(あまり魅力のない商品なら)出会いたくない」と思う自分すらいます。
気分はバキの「最凶死刑囚編」です。
「出会ったら必ずバトルを開始しなければいけない」あたりが。

・・・そんなテンション低め、なかば義務的に採集作業をしていたのですが
さきほど、普段行かないドラッグストアに行ったところ
「おもわずテンションがMAXになるヤベー商品に出会っちまった!!」

・・・こういう嬉しいハプニングがあるので、採集作業はやめられない!
まだその商品を食べていないのですが、味も想像がつかない。
この商品は今年の暫定NO1です!

まだもう少し採集作業を続けるので、今年の採集結果は月末あたりに
一気に載せようかと。お楽しみに。

・正月旅行の日記も、あと一日分ありますが、それも今月中にはなんとか。
なにげに手間がかかる作業ですので。

・ものもらいも、ピークは過ぎたものの、まだ完治していません。
まだ下まぶたに違和感が。
風邪→ものもらいのコンボで、年明け早々思わしくないスタートですが
体調が戻ったら、颯爽とスタートダッシュしたいと思います。

コミ1新刊のキャラもいい感じにまとまりつつあります。
ヒロインが可愛いと、作業全体のモチベーションも上がるのですが
今回、キャラ作りの段階で、なかなかイイ感じですので
形にしていくのが楽しみです!
22〜24日あたりでサークルカットと、おおまかな内容をアップできると思うので
お楽しみに!
posted by nihondandy at 14:28| 日記

2018年01月15日

ふけこむ

先週月曜あたりに風邪は治ったのですが
今度は二日ほど前から左目の下まぶたにものもらいができて
やや痛む。

ネットで調べると、免疫力低下(ざっくり言うと疲れている)
辛いものやアルコールも影響するのだそうな
・・・全部あてはまるわ「笑」

風邪を治した段階で、(旧年の12月上旬ごろから
ずっとガマンしてきた)いろいろやりたいことやれるぜウェーイ!
と、さっそくお酒飲んだり通常営業に戻していたのですが
カラダはまだ休み足りなかったのか!?

いまのところ、実家から帰ってきて、まともに生活できているのは
先週の火〜金の4日間だけです。
(金曜日に横浜に行ったので、そのときのことはまた後日書くかもです。)

カラダのどこか一箇所でも痛いと、どこかスッキリしない。楽しめない。
健康第一という言葉を噛み締めるのでした。

しかし、そんな日々をウダウダと無駄にするのは嫌なので、
お酒を飲まず、大掃除などの体力仕事は避け、出かけなくても済む範囲で、
いろいろやりたいこと、やるべきことをこなしています!

・おかげで!?次回作の構想がまとまりつつあります。
やりたいテーマは年明け前から強く決めていました。
しかし、それをやるのに最も適している舞台設定(ファンタジーなのが現代なのか)、
展開(物語形式を取りながら、できるだけエッチなシーンの割合が増やせる展開。)
・・・が、選択肢が多すぎて決めきれずにいました。
でもいろいろ迷って、最適な舞台設定、キャラクターにまとまりつつあります。

24日には、コミ1のサークルカットを上げて、申し込みを済ませなければならない。
その段階で、次回作の大まかな姿はお見せできるかと思います。

・最近お気に入りの曲「超力合体オーレンジャーロボ」。
この曲が使われているシーンを見てみたい、とふと思いました。
こういうロボ歌は、ロボ初登場付近の回では毎回のように流れるものです。

DVDレンタルでまとめて見ようと思ったのですが、
近場にオーレンジャーを置いているツタヤはない。
ネット配信版で見るしか手段が無いっぽい。

・・・ということで、最近は毎日1話ペースでオーレンジャーを観ています。
んが、オーレンジャーロボ登場回から1話ずつ観ているのですが
なかなか「超力合体オーレンジャーロボ」が流れない。
「虹色クリスタルスカイ(こちらも名曲)」はよく流れるけど。
でも、オーレンジャー自体が初見なので楽しんで観ています。

ギャグ回でありながら、その回のマシン獣の声が
小林清志さんの回は萌え(燃え)ました。
小林清志さんの声は、敵役の怪人の声でもスッゲー渋カッコイイのな。
男の子は誰でも一度は次元大介に憧れる・・・と思っています。

放映当時はクッソダサいと思っていたオーレンジャーのマスクや
オーレンジャーロボですが、今ではどちらも好きです。
キングレンジャーの顔に「王」と書かれたデザインには爆笑しましたが
今では立体物を欲しいとすら思っています。

明日こそ「超力合体オーレンジャーロボ」が流れますように。
posted by nihondandy at 22:45| 日記

2018年01月13日

2018正月の旅@ 電車で琵琶湖一周

今回の日記は写真20枚越え(一部、見事な景色の写真は拡大できます)で、
文章も相当長いのでお覚悟を。
それくらいいろいろあった一日でした。

正月3日。
この日は、大津のダイハツの初売りイベントで
滋賀県住みます芸人・ファミリーレストランさんが出演する。
なので、久しぶりに生ファミレスを見に行くことに。
そのイベントだけだと午前中しか埋らないので、午後からは
東近江市内の行きたかった飲食店を何軒か巡ることに。
もちろん移動手段は実家の車。

・・・しかし、この日の天気予報はときどき雪。
実家の車でヘタなマネはできない。それに、正月三日なので
飲食店は休みな可能性が高い。正月休みの調べが付かない店もあった。
・・・ということで、予定を大幅変更。
午前中のファミレスさんは確定として

・移動手段を電車に変更
・午後からは定休日に左右されない観光スポットを巡ろう
→電車で琵琶湖を一周しよう
→虎姫で途中下車して「田川カルバート」を見よう

・・・そんな感じで予定を変更して
朝8:30ごろ出発。

IMG_2869.jpg
地元の能登川駅。ホームクソ寒い!雪もチラついているし。
しかし、この状況で朝食代わりに飲んだホットの缶コーヒーは
シチュエーションの妙も加わって最高に美味しかったですよ。

能登川からひたすら南下して石山駅を目指す。
IMG_2870.jpg
能登川のとなり、安土町の風景は田園の雪景色。ふつくしい。
IMG_2874.jpg
それから5分も経たない、近江八幡市の風景。雪が全然無い。
うちの付近が、日本海側気候と太平洋側気候の境界線だということを感じました。

石山駅到着。こちらも雪がチラつくものの、穏やかな晴れ。
国道沿いを30分ほど歩き、ダイハツの営業所を目指す。
早く着きすぎてしまったので、しばらく周囲の住宅地を散策することに。

住宅地の路地にこんなステッカーが。
IMG_2881.jpg
すっごい可愛かったので、思わず撮っちゃいました。

イベントは10時から開始。
ファミリー層を中心に満員御礼。
あいかわらずの、心地の良い、安定した笑い、イベント進行で
たいへん楽しませてもらいました。

帰りは石山駅まで京阪を使う。
ホームで待っている時間がとても寒かったのですが、
京阪石坂線の駅は、どれも小じんまりしていて、たいへん良い雰囲気です。
IMG_2889.jpg
作品の舞台にしたくなりますね。

石山に戻り、平和堂(スーパー)で昼食を調達。
あとで思い出したのですが、たぶんここのトイレに傘を置いていってしまう。
この、傘が無いために午後からかなりトラブるのでした。
(傘があってもあまり変わらない気もしますが)

・・・ここから午後編。琵琶湖一周編。
JRで石山から京都の山科に出て、湖西線に乗り換えます。
湖西線は景色の良い路線と聞いていて、僕は比叡山坂本駅から
北へは乗ったことが無かったので、とても楽しみにしていました。

大津付近。
IMG_2900.jpg
出発してしばらくは穏やかな晴れ模様。遠くに見える琵琶湖が美しい。
しばらく北上し、雄琴あたりから急に吹雪に。
IMG_2902.jpg
しかし、温かい車内から見る雪景色は最高。
車内は比較的空いていて、撮り鉄の方や、お酒を持ち込んで雪見酒と洒落こんでいる方が
チラホラ見えました。わかっている方たちですね。
流れる雪景色を眺めながらの一杯は最高でしょう。

IMG_2919.jpg
志賀町。このあたりの雪景色が見事でした。

電車は「近江今津駅」で一部車両を切り離し、敦賀行きになるというアナウンスが。
確か、この駅で米原方面行きに乗り換えるのだな。
電車から降りると、ホームは横殴りの吹雪で超寒い!
米原方面行きの電車が見当たらないので、車掌さんに聞いてみると
「米原行きは近江塩津で乗り換えてください」と。

そう、僕が降りるべき駅は「近江今津」ではなく「近江塩津」なのでしたー!
ややこしい!こんな似たような名前の駅が同じ路線にあるとは思わなんだ!

時刻表を見ると、電車は一時間に一本ペースしか無い。
この駅で一時間ほど待つことに。わー・・・やらかした。

でも、ホームにはエアコンの着いた待合室があったので、そこで座って待つことに。
風雨に晒されず、暖が取れる環境がこんなにありがたいと思ったのは久しぶりです。

あまりに快適だったので、いつの間にか寝てしまう。
ふと気付くと、目の前に敦賀行きの電車が!
あぶねー!間一髪で乗り込む。
また一時間無駄にするところでした。

ここからまた、滋賀県北部の雪景色を楽しみながら
第二の目的地、虎姫駅を目指す。
以前、KBS京都ラジオのファミレスさんの番組でこの地区が特集されていて
一度訪れたかったのです。

15時ごろ虎姫駅到着。
位置的には琵琶湖沿いの北東部に位置する田園地帯の町。
虎姫。タイガープリンセス。
IMG_2941.jpg
全国で唯一地名に「虎」が付く町として、阪神タイガースファンには有名な町らしい。
この町の見所は、おみくじを発明した「元三大師」というお坊さんの出身地ということ。
また、「田川カルバート」という全国でも珍しい
「川の立体交差」が見られるということ。

僕はこの「田川カルバート」を生で見てみたかったのです。
「田川カルバート」を軽くご紹介。
ちなみに「カルバート→暗渠(あんきょ)→堤防や道路の下を流れる川や水路のこと」

かつて江戸時代、この地で3つの川が合流していて、大雨が降ると
位置の高い「高時川」の水が、位置の低い「田川」に逆流して洪水になっていたそう。
そこで考え出されたのが、
「田川を高時川の下をくぐらせるトンネルを掘る+その先は、田川を
琵琶湖に逃がす人工の川を作ろう」という途方も無い計画。
それほど、洪水に悩まされていた、と。

詳しくは、こちらのサイトでわかりやすく解説されていますので、どうぞ。

・・・そんな先人の熱い思いがこもった建造物を見てみたくなったのでした。

虎姫駅から田川カルバートへは徒歩30分ほど。
田んぼ道をひたすら歩く。
天気は良かったのですが、かなり寒い。

出発して10分ほどすると、天気が急変。雪がチラついてくる。
傘を持っていないことを後悔しながらも、ちょっと楽しくなってくる。
”オレの人生いきなりクライマックスだぜ!”と変なテンションになりながら
吹雪の中を突き進む。

10分ほどで雪も収まり、また少し日が差す。
そして「田川カルバート」到着。

IMG_2947.jpg
この水路が田川カルバート入り口と思ったのですが、
他のサイトの情報では、これはただの水路で違うらしい。

写真を拡大していただくとわかるのですが
左上の白いアーチが高時川の橋。

つまり写真の右から左の高い位置を「高時川」が流れ
高時川の下をくぐるように、手前から奥に田川が流れています。
次の写真は、高時川を渡って、田川カルバートの出口の写真ですので
そちらがわかりやすいかも。

IMG_2954.jpg
これが田川カルバート出口。
上の白いアーチが高時川の橋。
今度は左から右に高時川が流れ、奥から手前に田川が流れています。

IMG_2953.jpg
IMG_2956.jpg
カメラを180度回した絵。
こんな感じで、田川は琵琶湖に向かっていきます。
さきほどの吹雪がウソのように穏やかな天気です。
女心と冬の天気は・・・みたいなことを思いました。

しばらくすると、また一面猛吹雪に!あっという間です。
IMG_2961.jpg
視界ゼロ。(写真では伝わりにくいですが)
アニメとかでよくある、突然主人公のまわりが吹雪に囲まれて
視界ゼロになった先から敵が笑いながら登場する
・・・みたいなシーンを彷彿とさせるくらいの吹雪。

傘もないですし、まわりは田んぼでお店も無いので最寄の神社に避難。
少しお参りなどしつつ、雪やどりをさせてもらったのですが
収まりそうに無かったので、意を決して吹雪の中を虎姫駅まで帰ることに。

先ほど、ほんの10分ほど前に写真を撮っていた場所。
IMG_2963.jpg
IMG_2964.jpg
全然違うでしょ!?
「女心と・・・」みたいなつまらないボケをかましたので
天候が全力で突っ込みを入れてきたのだろうか!?
そんなことを考えながら、脳内BGMはガンダム00の「泪のムコウ」でした。
「降り続く現実に傘などなーいー♪」

半ばヤケクソのハイテンションで、吹雪の中を駅へ向かう。
これは20代の若手芸人とかがやることで、
30代後半のオサーンがやることではないね。

行きの道中で、少し離れたところにローソンが見えていたので
そのローソンに寄って、温かいココアでも飲みつつ、避難させてもらおう。
トイレも貸してもらおう・・・歩きながらそんな算段をする。

しばらく歩くと、また日が差してきて、雪も止む。
これならローソンに寄らなくても、一気に駅まで歩けそうだ。
でも一応、ローソンに寄ってみる。
ローソンに近づく。
・・・あれ、ローソンが暗い。


IMG_2970.jpg
・・・ギャー!開店前ーーー!
臨時休業遭遇率が異様に高い俺ちゃんですが、
コンビニの開店前に遭遇したのは初めてよ!?
吹雪が止んでなくて「ローソンで暖を取らないと死んでしまう・・・」
というテンションでこの状態だったら
もっとショックだったでしょう。

・・・でも、天気が収まっているとはいえ一応暖も取りたいし、
トイレも行きたくはある。

余談ですが、その近くでこんな標識を発見。
IMG_2969.jpg
ローマ字表記なら三重県の「津」よりも短い。

ローソンから10分ほど歩くと、今度は小規模のコメリ(ホームセンター)が見える。
避難できるならホームセンターでも何でもいい!入ろう!と思いながら近づく。
IMG_2973.jpg
しかも駐車場にはこんな嬉しい看板が
IMG_2974.jpg

なんてウェルカム感漂う素敵なフレーズ。
迷わず入りました。
このとき、僕にはこのコメリが大げさではなく、
砂漠のオアシス、安息の地に感じました。

もともとホームセンターという空間が大好きな僕。
正月三日でこんな天気なので、店内の客はほぼナシ。
パートのおばちゃんがかいがいしく商品を整理している。
適度に暖房が効いていて、店内BGMは正月らしい和風の小気味のいい曲が流れている。

トイレの場所がわからなかったので、パートの方に聞いてみると
親切に教えてくださいました。
トイレも済ますことができ(鏡を見ると全身びしょ濡れだった)、外には自販機もある。
店内は快適・・・ここは天国だ。

このコメリがすごく居心地良かったことと、服を乾かしたかったので
30分ほど店内を物色し、お菓子を2つほど買って、外で缶のココアを買い求めました。
美味しかった・・・。

今回の旅のクライマックスかつ、心温まったのは、この虎姫のコメリです。
本当に救われました。
ありがとうございました。

IMG_2975.jpg
そんな心が満タンな中、さらに15分ほど歩いて虎姫駅に戻ってきました。
でも、もう夕方だったのでスッゴイ寒かったです。
車内が暖房が効いていて、これまた天国でした。

今回の旅は、雪国の中で、暖がとれるありがたみを噛み締める旅になりました。
IMG_2976.jpg
そして17時ごろ地元に戻りました。
これにて電車で琵琶湖一周は一件落着で御座います!
(ここまで読んでいただき)お疲れ様でした!
posted by nihondandy at 13:04| 日記

2018年01月10日

角バーガー

風邪のほうはおかげさまで、8割くらい治りました。
たまに咳き込む程度です。
早く完治して、お酒飲んだり、お出かけしたいです。

風邪をひきかけのときに、晩酌をしてみたのですが
酒が苦くてマズイ液体に感じました。
体調が悪いと酒を受け付けなくなるってホントなのね。
ちょっとビックリ。

・「露出テストプレイ」シリーズのヒロイン・高橋サキちゃん。
かなりお気に入りなキャラ。
この子が住んでいると設定している、京都の久御山町付近の地図を
たまに眺めることがあります。
ここ一年で久御山町に対する興味は膨らむ一方です。
また訪れたい町です。

その久御山町から、長岡京市が割と近いことに気が付きました。
僕にとって、長岡京市は大学時代の連れA君の実家がある町・・・というイメージ。
京都らしいはんなりした雰囲気、かつなかなかイケメンさんだったA君。
そんな彼が、なぜムサいオタクBOYだった自分と
付き合ってくれていたのかはナゾですが
A君との会話でよく覚えているのが「ファミリーマートの角バーガーはとても美味しい」
ということ。
僕の地元(岐阜)のファミマには無かったので、関西限定メニューかな!?
くらいに思っていました。いつか関西に行ったら食べてみたいな、と。

久しぶりに「角バーガー」のことを思い出したので、いろいろ調べてみました。
「とてもジャンクな味。注文したらその場で作ってくれる。」
「関西どころか、京都のファミマ限定メニューっぽい。」
「10年ほど前に販売を止めたらしい。」
・・・角バーガーは、限られた地域で、今となっては食べられない
レアリティの高いメニューなもよう。

ネット上では復活を望む声も多く見られたので、期間限定でいいので
復活してほしいところ。
一度は僕も食べてみたいです。

「店内調理」「注文が入ってから作る」・・・という点で、今のファミマでは
ムリな気もしますが、そういえば、昔のファミマには
冷凍ですが、注文してから作ってくれる弁当のシリーズがあったな、と。
ピラフだか、ドリアだか、記憶があいまいですが、
それが美味しくて、高校の頃たまに食べていたな・・・という記憶があります。
そう、昔のファミマには「店内調理シリーズ」があったのです。
懐かしいのぅ・・・。

ファミマに限らず、AMPM(コンビニ)にも店内調理の冷凍弁当があったな
と、思い出す。10年以上前の話ですが。
岐阜にはAMPMはなく、コミケや持込で上京したときに、たまたまAMPMで買った
焼肉ピラフ(だったかな!?)がとても美味しくて
「東京に行ったらAMPMの弁当を食べたい」と思うくらいでした。
posted by nihondandy at 00:55| 日記

2018年01月05日

さっそく体調悪い

ハイどーもー!
昨夜実家から帰ってきて、さっそく風邪ぎみの松野です。
よろしくお願いします。

2日は名古屋、3日は滋賀県、4日は京都を巡っていたのですが
とくに3、4日はとてもハードでした。
素晴らしい旅だったのですが、肉体的に消耗する旅でした。
雪が降るとハードさが倍加しますな。
とくに車を使わない場合は。

「そりゃあ風邪ひくわ」という感じの旅行だったのと
前年末からのハードスケジュールで
昨夜寝て、起きたら、ノドが痛くて、体がダルいです。

今日は軽く2日の名古屋編を書きますが、
3日、4日はなかなか波乱万丈でしたよ。
そちらもおいおい旅行記として書こうと思います。
みなさまには、旅の道中で撮った美しい雪景色を楽しんでいただきたいです。
でも、撮るのはタイヘンだったんだよ。うぐぅ。

・それでは、その名古屋編。
正月2日。朝7:30ごろ家を出る。天気は快晴。
新幹線は座れたものの、富士山側の窓側は速攻で埋ったので(みな考えることは同じね)
仕方なく、海側の窓際をキープ。

富士山付近を通り過ぎると、車内アナウンスで
進行方向右側に富士山が見えるというアナウンスが
こんなアナウンス初めてかもしれない。よっぽど綺麗に見えたんだろうな。
しかし、海側の景色もなかなかでしたよ(負け惜しみ)

名古屋に10:30ごろ到着。
学漫時代の仲間と熱田神宮へ。
いつもどうりメッチャ混んでました。

そこから上前津(電気街)に移動し、某ホビーショップへ。「某」ショップね。
後輩に押し付ける福袋を、先輩連中で割り勘で購入。
そしてカラオケ屋で開封の儀。
これをやらんと、年が明けた気がせんのです(ゲスな笑い)

カラオケ屋は持ち込み可になっていたので(最近、こういうカラオケ屋が増えている)
向かいのコンビニで皆でつまめる食品を買い求めて入店。
4時間で部屋を取ったのですが、開封の儀、ダベり、食事、カラオケと
いろいろなことをして楽しみました。
名古屋の都心部で、まぁまぁ広い部屋、ソフトドリンク飲み放題、カラオケもできる
・・・で一人1500円はお値打ちだと思いました。

夜8時頃からJRで滋賀の実家に向かい、地元・能登川駅に着いたのが22:30くらい。
滋賀県クッソ寒い!
名古屋も寒かったのですが、岐阜の大垣あたりからより寒くなりました。
そう、冬の滋賀県北中部は日本海側の気候だということを思い出すのでした。

そして、翌日3日の県内旅行で、その「日本海側の気候で雪国な滋賀県」を
身を持って痛感させられるのでした。
その3日の旅行記は来週末12日ごろアップします。

とりあえず、2日夜に撮った能登川駅前のイルミネーションをどうぞ。
IMG_2860.jpg


posted by nihondandy at 17:51| 日記

2018年01月01日

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします!

まずは、冬コミのお礼です。
お足元の悪い中、クッソ寒い中、激混みの会場を
当ブースまで足を運んでいただいた皆様に、感謝!
ありがとうございました!

少し雪も降ったそうですが、会場からはわかりませんでした。
コミケで雪が降ったのは2005年以来ですね。しかもけっこうしっかりと。
よく覚えています。

新刊はヌケましたでしょうか!?
ムラムラしていただいて、去年最後の、もしくは今年最初のオカズに混ぜていただければ
とても嬉しいです。
(おそらく、戦利品1種類で抜くという人は少ないでしょう。
僕もコミケの戦利品をひととおり使いながら、1回ドピュっとするつもり。
キャッ☆お下品)

キラリちゃん本は、同じキャラで前半(CFNM)後半(CMNF)で
立場が入れ替わる展開。
石川さんは、コミックという媒体で陰毛差分をやってみた作品。

どちらも実験要素が入った作品です。
シコリティアップ(最近覚えた言葉)につながってくれたらありがたいです。

キラリ本のあとがきに書きました「キャラ表裸ver」は
特設ページにアップ済みなのでご覧あれ!
ほぼ毎回恒例で巻末あたりに入れている「キャラ表裸ver」。
楽しんでいただいているかどうかわからないのですが(自己満足)
今回は入れるスペースがなかったので、ネット上に上げさせてもらいました。

・・・そんな新刊ですが、まだ完成品を読めていません。
会場では、それくらい忙しくさせてもらいましたし
新刊のダンボールを会場から発送してしまったので
まだ読めていないです。
それも、今日の日中には届くでしょうから
今夜はそれと会場でいただいたり買ったりした戦利品でフィバるよ!?

だって実家帰ったらなんとなくオナニーでき(ry

・・・とはいえ、体調的には疲労困憊。疲れが全然抜けていません。
コミケ前日30日は風邪を引く直前くらいでなんとか持ち直して
製本作業をしたくらいです。
たぶん実家から帰ってきたらダウンします。
ここ一ヶ月近く、絶えずバタバタしてましたので。

今回も売り子さんにたいへん助けられました。
昨日は売り子で一年ぶりにマミさんにも来ていただきました。
コスプレのクオリティ高さよ。
お知り合いのサークルさんにも、「どこから連れてきたの?」的なことを聞かれましたが
ボブさんの友人のレイヤーさんで御座います。

昨日お配りしたフライヤーですが、フライヤーをお渡しできなかったり
会場に来られていない方には、何がなんだかと思われますので
リンクを貼りますね。
L'oeil du typhon

僕は、ラジオドラマ「本の檻」のキャラデザを少しお手伝いさせてもらった感じです。

昨日の会場では売り子を手伝ってもらったメンバー含め、
最終的にはまぁまぁま大所帯になりました。
打ち上げは上野の「世界の山ちゃん」で名古屋めしをいただきました。
東海地方出身とはいえ、山ちゃんは2回目くらいです。
手羽先うまい。自分の中でイチオシは和食サガミの手羽先ですが、
山ちゃんは山ちゃんで美味しい。

家に帰ってからは、すぐに寝たかったのですが体力を振り絞って
年越しそばを作り(冷凍だけど美味しかった)
年をまたいで近所の神社に行きました。
が、すごく混んでいて、参拝するのに1時間くらい並びそうだったので
境内を素通りして帰る(すごく寒かったし)。
初詣は、実家に帰る際、名古屋か滋賀か京都ですればよかろう。

明日から数日、実家に帰ります。
明日は名古屋でいつもの初詣。の予定(まだ全然段取りができていない)
それ以降は滋賀や京都をブラつく予定。
その様子は、また日記でアップします。楽しみ。
ブラマツノをお楽しみに。
(オイラがブラジャーしているわけじゃないぞバカヤロー(たけしのモノマネ風に))
posted by nihondandy at 10:53| 日記

2017年12月29日

年納めいろいろ

*コミケ当日にフライヤーを配布することになりました。
何のフライヤーかというと、うちのボブさんがたずさわっていて
僕もちょっとだけキャラクターデザインのお手伝いをさせてもらった
自主制作のラジオドラマの宣伝です。

(フライヤー詳細ここまで)

・また、この更新が今年最後と思いますので、それらしいことを書こうかと。
まづは、コミケ当日のことですが、
今回は告知すべきことは特設ページに書きましたので、そちらを参考に。

天気が心配ですね。雨が降ると、サークルも一般も難儀ですからね。
天気予報ではくもりですが、一応雨対策はしていきます。
45ℓのゴミ袋が大活躍です。
降らなければラッキーということで。

お気をつけてお越しください。お待ちしております!

・毎年年末に勝手に決めている、個人的な「今年の一曲」。
今年は、バンドリで何曲か、「地下鉄に乗るっ」でも何曲か、ノミネート。
最近では「超力合体オーレンジャーロボ」も数え切れない回数聴きました。
・・・ということで、一位というよりも、代表という感じで
この一曲を選びました。
hearty trip 三重交通

昔のローカルCMソングですが、名曲。
ある年齢以上の三重県民にはお馴染みの曲らしい。
(ワシは三重県に住んだことないのでよくわからん)
これだけいい曲なのに、歌手・作詞作曲者・・・不詳。らしい。
曲を作った三重交通も把握していないっぽい。
ウン十年前のローカルCMの曲なので、それも不思議は無いのですが。

一年を通してよく聴いていた・・・ということで、この曲が今年の一曲です。
ほとんど同じですが、アレンジなしバージョンはニコ動にあるようです。

・昼前に買い物に行きました。正月休みということで
スーパーはかなり混みあっていたり、騒がしかったりでしたが
ちょっと微笑ましい光景がありました。
カゴにドッサリとホッピーの瓶、500mlの炭酸水、そして5Lの甲類焼酎!
あと、おつまみっぽいのが数点。
そんな買い方をしているオジサンが。

・・・イカニモ酒飲みの中年オヤジな光景にニヤニヤしました。
とにかく、安く、長いこと飲んでいたいんだろうなぁ。
この5Lでウィンターホリデーを満喫するんだろうなぁ。
昼からテレビ観ながら飲むんかなぁ・・・。
この絵に描いたようなのんべえオヤジを目撃できたので嬉しかったのでした。

僕はこういった、ステレオタイプ、イカニモな光景に出会うと
ニヤニヤしてしまいます。ちょっといいもの見た気持ちになります。
ペアルックで手をつないで歩いているカップル。
紙袋に長いフランスパンを差して歩いている人。(あまり見ないけど)
頭にネクタイを巻いた酔っ払い。(見たことないけど)
口にトーストをくわえながら走っている女学生(見たことないけど)。
アニメイトで「○○くん萌えー!」と高い声で
テンションが上がっている腐女子の方々(これはよく見る)。
・・・そんな光景を目撃すると嬉しくなります。

・・・そんなこんなで、あっという間な一年でしたが
今年もこんなくだらない、僕のオナニーのような日記につきあっていただいた皆様へ
ありがとうございました!
来年もよろしくお願いします。

でわ、よいお年を!
posted by nihondandy at 15:04| 日記

2017年12月28日

c92おまけ本

c92omakehari01.png
c92omakehari02.png
c92omakehari03.png
c92omakehari04.png
c92omakehari05.png
c92omakehari06.png
posted by nihondandy at 21:54| 日記

2017年12月26日

眠れ俺!なぜ眠らんのだ!(シロッコ風に)

なにげにサイトが60万ヒットしていました。
いつも見ていただきありがとうございます!

昨日の朝11時ごろ、無事二冊目の入稿も済みました。
通常なら、すぐ寝て、起きて、更新作業などをするのですが
なぜが全然眠くならない。体は疲れきっていて、集中力も切れているのに
神経だけはしっかり起きている。

ドリンク剤を飲んだからか!?
半日くらいずっと、張り詰めたテンションで作業していて
それがクールダウンできていない感じ。

仕方ないので、昼ごはんを食べる。食べたら眠くなるだろうと思ったのですが
全然眠くならないのに、カラダはダルい。
こんな状態で更新作業をしても、ミスを連発するので、効率が悪い。

仕方ないので、コピー誌で描く予定でもある「妹さえいればいい。」の後半を
まとめて観る。
やっぱり春斗の妹のシーンは、異様に作画レベルが高いな(笑)
春斗の妹はやっぱり「春斗の妹」という名前らしい。
最終話はわりと中途半端なところで終わる。
二期を待てということか、続きは原作で、なのか。

夕方にようやく眠くなったので、そこから夜10時ごろまで寝る。
結局、仮眠をとって、作業を再開するのに12時間近くかかってしまった。
そこから、ブログ、サイト、pixivの更新を済ませて現在に至ります。

更新しながら思ったことは、キラリちゃんかわいいな、と。
石川さんのような地味な娘さんをずっと描いていたので
キラリちゃんに限らず、今まで描いてきたヒロインが、
いつもより華やかに見えました(笑
表紙も容姿も地味な石川さんですが、本文はなかなかエロく仕上がったと思います。
二冊目は実験的なサブ作品という気持ちで描き始めたのですが
一冊目に負けず劣らずエロく仕上がったと思っています。

見た目はキラリ>石川さんですが、中身は甲乙つけがたいです。作者的には。

締め切り直前は、ヒーローソングが、テンションと集中力維持に役立ちました。
プレイリストにお気に入りを4曲ほど入れて、延々とリピートしていました。
「超力合体!!オーレンジャーロボ」「勇者王誕生!」
「 おれが正義だ!ジャスピオン」「 星獣戦隊ギンガマン」の組み合わせは最高だった。
半日リピートしていても全然飽きなかったです。

疲労と眠気がピークになると、音楽を聴く集中力も惜しいので
無音で作業します。しかし黙っていると集中力が持続できないので
無意識にオーレンジャーロボの歌を歌っていました。
毎回、締切り直前で時間的にも体力的にも余裕が無くなってくると
ナゾのテンションでナゾの言葉を発するので、
なんだかなぁ、というか、面白いというか。

明日からコピー誌作業です。
余裕はないですが、普通に頑張れば普通に間に合いそうです。
念願の春斗の妹を描ける。楽しみで御座います!
posted by nihondandy at 02:52| 日記

2017年12月23日

初体験

さきほど表紙の先行入稿を済ませる。
これで本文入稿まで事務作業は無いので
ようやく本文に集中できます。

印刷申し込みの入力作業は毎度緊張する作業ですが、
去年あたりからブロス(印刷所)のマイページで入稿に関するやりとりが
全て完結するようになったのはすごくありがたい。

以前はもっとアナログな申し込み方法だったので、申し込みのために
1〜2時間確保していたのですが、その時間がかなり短縮されました。

とにかく、ここ数年で入稿作業は合理的で楽になりました。

・昨夜、作業中になんとなく左腕を伸ばしたら激痛が。
詳しくは肩甲骨から脇腹にかけての背筋に痛みが。
これは、筋肉痛系の痛みだ。
おそらくつったのだろう。
数分、患部をさすりながら痛みに耐え、座ってられなかったので
ベットに横になる。
数分横になったら治りました。

「つる」という現象は、水分不足だとなりやすいと聞いたことがある。
そういえば、最近寝汗をよくかくので、思ったより水分が不足しているのかも。
・・・なのでとりあえず水を500mlほど飲む。

それ以降は、同じ症状は出ていません。
寝起きにベットで全身を伸ばして、足がつることはたまにありますが
それ以外の筋肉がつったのは初めてだったので
これが初体験で御座います。

初体験を「はつたいけん」と読めば普通ですが
「しょたいけん」と読むと、どうしてもエッチのことを思ってしまう。
私の脳ミソが中二なせいか!?

・面白い夢、トリッキーで印象的な夢を見ると
寝起きにPCのメモ帳にメモるようにしています。

最近見たのが特に印象的だったので、要点をまとまて書いてみます。
「学校の体育館でピザを食べながら、見知らぬ女子と
”超力合体!!オーレンジャーロボ”を合唱する。
隣を見ると、僕にこの歌を教えてくれた先輩がピザを食べていたので
”一緒に歌いましょう”という意味で肩を叩くと
”オレ今日、そのCDカバンに入ってるわ”と言い、その先輩はカバンを漁り行く」
・・・という夢。

・・・女子と戦隊ロボ歌を熱唱するなんて、なかなかない体験なので
楽しかったのです。
posted by nihondandy at 06:39| 日記

2017年12月20日

今度は醤油味を試してみる

前回の豚骨味5食を食べきったので
IMG_1575.JPG
今度は醤油味を試す。

この正麺の代表的な商品で、発売当初絶賛されていた商品。
5年くらいまえに出た商品だと思うので、今さらすぎるレビューですが

・・・具に乾燥ワカメのみを加えて作ってみました(ねぎも入れたかったが切れていた)

・・・わぁ、懐かしい味だ。
具体的に過去にこういうラーメンをよく食べていたわけではないのですが
昔ながらの食堂で出てきそうな、素朴な中華そば・・・という感じの味。
尖ったところのない、優しく、素朴な醤油ラーメン。もちろん美味しい。

かなり評判のいい商品だったので、もっと派手に
ダシがしっかり効いていて、適度に脂っこい・・・みたいなのをイメージしていたので
意外でした。

前にも言いましたが、即席ラーメンで一番美味しいと思っているのは
セブンの冷凍醤油ラーメン。
しかし、美味しすぎるので「都会のナチュラルメイクのお嬢さん」という感じ。
今回の正麺は「田舎の素朴なノーメイクの娘さん」と思いました。
どちらも美味しい。

もしくは、「クラスで一番かわいいのはアタシよ!」と思っているキラリちゃんは
セブンの冷凍醤油ラーメンかな、と。
石川さんが素朴な正麺。
直近で原稿を描いている二人ですので、つい、そんなたとえが浮かびました。

・・・で、いま、石川さんの仕上げの最中です。
石川さんは、萌えよりも、
生々しさや「そのへんにいそうな子」という感じを出そうと思いながら描いていますので
エロシーンがいつもよりエロい気がしています。
初エッチがテーマの作品ですので、もちろん本番アリです。

商業誌のエロ漫画のキャラクターデザインが地味になりがちな傾向があるのは
「生々しさ」を優先させているからなのか!?
と、思ったり思わなかったり。

・・・石川さんは例外ですが、基本的にうちの作品は「生々しさ」より
「萌え」「可愛らしさ」を出したいと思っています。
うちの作品は、商業のエロ漫画の絵柄よりも、
ラノベや一般誌のコミックの絵柄を参考にしていることが多いです。

なので、次回作からはまた、そんな感じの絵柄に戻ると思います。
もう、次回作で描きたいのが二つほど浮かんでします。ありがたいことに。
石川さんが仕上がるのも楽しみですが、
次回作を練るのもまた、楽しみです。
posted by nihondandy at 08:21| 日記

2017年12月18日

ガテン系!?

今日は地味にハードなジム作業、既刊の発送をしました。
うっかり忘れていらっしゃるサークルさんはお忘れなく。

何気に神経も体力も消耗する作業、そんな作業を今回は
ちょっと寝不足な状態でやらなければいけませんでした。
こういう時に思わぬケガをする。
この時期に、とくに手に関係するケガは避けたい。

・・・ということで、手を保護するために
コンビニでイボつき軍手を買うことに。
倉庫業のバイトでは必需品でしたが、重い物を運ぶ際
これがあると、楽になります。

コンビニのレジで「すぐに使われますか?」と聞かれる。
弁当の「おはし入れますか」ならともかく、
軍手という、そんなに日常的ではないアイテムで
これを聞かれたのでちょっとビックリ。
たとえば、もっと日常的なアイテム、ぞうきんやタオルを買った場合でも
「すぐに使いますか?」とは聞かれないと思うのです。

不思議に思いながら、自分の風貌を見てみて納得。
部屋着のままコンビニに行ったのですが、そのカッコウがちょっとガテン系っぽい。
近くの工事現場の人が買いにきたと思われたのかもしれない。

その時のカッコウは、下はいなげや(スーパー)の衣料品コーナーで買った綿パン。
上は西友(スーパー)で買ったシャツ+ベスト・・・全身、地味で、バリバリ中高年な
スーパーファッションで固めていたのでした。
その上、今の髪型とニット帽も肉体労働系に見えなくもない。
「やるきワクワク ワークマン♪」というフレーズが似合いそうな格好でした。

たぶん、このカッコウで近所の工事現場に入っていっても
違和感がない自信があります。

・・・肝心の発送作業は、郵便局がちょっと混んでいましたが
無事完了。ケガなく終われてヨカッタ。

・ふと、ドラマとかでよくある、いわゆる花嫁泥棒。
結婚式会場に、新婦の本当に結婚したかった男が「ちょっと待ったー!」
と乱入してくるパターンについて考えていました。

ベタなシーンだけど、この展開は「ちょっと待ったー!」の男が
新婦の本命だった場合のみ成り立つ展開よね!?

たとえば、飲み会で一回だけ会ったことがあるくらいの面識の男が
「ちょっと待ったー!」と乗り込んできても
新郎・新婦「誰?」ってなるよね。

・・・なんかコントのネタになりそうだな、と思いました。
posted by nihondandy at 22:09| 日記

2017年12月14日

1冊目 入稿しました

昨夜、1冊目キラリちゃんの入稿が済みました。
毎度のことですが、やはりこの手の入力作業は神経使いますにゃ。
しかし、これで2冊目・石川さんに集中できるというもの。
しかし、表紙を急遽カラーにすることにしたので
しばらくは本文と並行して、表紙も塗らねば・・・ということで
キツ目なスケジュールでゴザル。

またしばし、更新が減りそうです。

・ちょっと前に、「妹さえいればいい。」でひそかに気に入っているキャラ、
カニ公の担当編集者の「山県(やまがた)きらら」さんが、
冬コミ新刊のヒロインの名前に近くてビックリ・・・という話をしたと思います。

「琴塚キラリ」ちゃんがそれです。
ある日、岐阜市周辺の地図を見ていてこの「琴塚」という地名の響きが気に入り
使ってみることにしました。

「妹さえ」もキャラの名字を岐阜の地名から取っているので、
岐阜の地名でかぶった(しかも山県と琴塚は10kmくらいしか離れていない)
「きらら」と「キラリ」で近い。
・・・でビックリしたわけです。

・興味はあったけど、なかなか試さなかった袋麺を試してみた。
IMG_1556.JPG
正麺を正面から撮る・・・って、みんな言っているんだろうなぁ。
しかも「しょうめん」ではなく「せいめん」か。
二重に恥ずかしいぢゃん!

僕は豚骨ラーメンは本場博多風の細めんよりも
チェーン店の中華料理屋で出てくるような、中太麺の豚骨ラーメンが好き。
・・・ということで、この商品になかなか手が出ないのでした。

しかし、この正麺シリーズ自体の評判は良いので試してみることに。

食べてみました。
うまい。麺は、僕が中太麺好きということを差し置いても
この細めんの完成度はなかなか。

楽しみにしていたスープ部分。
好みな味。インスタントの豚骨スープではなかなかイケているかと。

そして、最近のマイブーム、きざみねぎを乗せて食べてみた。
うわぁ・・・ラーメン天外を思い出す味!

岐阜に住んでいた頃、美味しい豚骨ラーメンが食べたいときに行っていた
「ラーメン天外」。家から車で30分くらいの距離でしたが
それでも行きたくなるお店。

もちろんラーメン天外の豚骨ラーメンのほうが美味しいのですが、
それを思い出させるくらいの美味しさが、この正麺にはありました。

袋麺でこのクオリティにはビックリしました。
posted by nihondandy at 09:22| 日記

2017年12月11日

威力高い!

前回更新で、冬コミ新刊の特設ページを公開しました。

メインとなる1冊目は、身体検査モノです。
今回のは見せ方が特殊で、前半は「オレだけ編(仮)」として
CFNM的な、男子だけが一方的に裸を見られる展開です。
後半は「アタシだけ編(仮)」として、前半と同じ内容を
男女入れ替えてやらせてみたバージョンです。

前半で一方的に男子のフルチン姿を眺めているヒロインですが
後半は同じヒロインが、前半の男子と同じ目に遭ってしまうということです。

前半が前振りで、後半が本当に見せたい部分です。

2冊目は、短めの本番シーンメインのもの。
16pほどの作品で本番シーンメインなので、
以前雑誌で描いていた作品と同じような尺・内容かもしれません。

この作品では実験的に、エッチパートを差分で2パターン入れてみます。
ゆえに、実質20pほどですが、本のボリュームは30pほどになります。

「あえて地味なヒロインを描いてみる」「本という形式で差分を入れてみる」
そんな”やってみたかったこと”をいろいろ試している作品です。

正直2冊目は実験的に、ちょっと描いてみたかったくらいの気持ちで描き始めたので
いろんな部分をコンパクトにしようと思いながら作業を進めていました。
なので本文冒頭のキャラ表はこの作品では省いています。
特設ページのキャラ表が簡易なものになっているのはそのためです。
部数も会場とそのシーズンの書店で売り切るくらいの小部数しか刷らないでおこうと。
表紙も久しぶりに白黒で行こうと思っていました。
しかし、描いていくうちに愛着が沸くもので、結局いつもの本と同じように
表紙もカラーにしてしまおうか、と数日前に急に思いました。
急遽カラーにするにあたり、予定外に作業が増えますが、なんとか間に合わせたい。
間に合わなかったら白黒です。

石川さんは「クラスに一人はいそうな地味な女子」というねらいの子で
デザインもこれまでになく地味な容姿にしたのですが
描いていくうちに、フツーに可愛く見えている自分がいます。
これは、メガネ郁夜のときも体験した現象です。
郁夜は「普段は地味な萌えない子、
しかし髪をおろしてメガネを外すとなかなかの美人さん」というねらいでしたが
描いていくうちに、メガネのほうでも全然カワイイと思うようになりましたので。

・・・そんな新刊2冊です。
2冊とも実験的な要素が多いですが、読者様の感想はいかに!
どの実験も、よりエロくなるだろうと思ってやるので
それが伝わると・・・いいな・・・と思います。

そんなこんな言っているうちに、あっという間に締め切りになると思います。
あとの短い期間、間に合うようにガンバリます!
スムーズに行けば、ふつうに間に合うけど、
何かトラブルがあったら、間に合わないかも・・・いまのところそんなペースです。

・夏に実家に帰ったときに、京都で買った「地下鉄に乗るっ」の消しゴム。
IMG_1200.JPG
3つもあるのだから、1つを原稿の消しゴムかけ用に開けてみました。
消しゴムかけというのは、原稿用紙にシャープペンで描いた下描きにペン入れして
そのあとで、シャープペンの線を消しゴムで消す作業。
地味な作業ですが、重要かつ、枚数がかさむと指が疲れますし、地味に重労働。

疲れず、安全に、効率よく消しゴムをかけるコツは
・(消しゴムを紙ケースから出して)長辺を使う
・前後に動かさず、手前から奥の一方向に動かす(紙がグシャっとなるのを防ぐ)
・よく消える消しゴムを選ぶ

・・・話戻って、この「地下鉄に乗るっ」の消しゴム。
すっごいよく消える!威力が高い。
軽い力でしっかり消える。ちょっと感動した。

文具屋で売っている、有名メーカーの、
消す力に特化した消しゴムよりよく消える。

この消しゴムはいい。大量に買ってストックしておきたい。
しかし、この手のグッズは実質限定生産・売り切ったら終わりなことが多い。
そんなグッズをコレクションではなく、実用目的でたくさん買ってしまっていいものか!?
しかし、消しゴムの用途としては、コレクションより実用目的で買うのが正しい。
それに限定生産ではなく、売り切ったらまた生産するのであれば
むしろ大量買いしたほうが、微力ながら作品への応援にもなる。

・・・そんなこんなで、なんとかして、この消しゴムが
売り切り方式なのか、売り切れたら補充されるのか。
消しゴムの中身は、全国どこでも買えるものなのか。
・・・そのあたりを調べてみたい。

ちなみにこの消しゴムのケースには、製造元の情報などは一切書かれていなかったので
正月に実家に帰ったときにでも
この製品を買った、地下鉄烏丸御池駅の大垣書店で聞いてみようかと思います。

消しゴムは、こんな感じで、特に付加機能(よく消える、まとまる など)の
付いていないものや、安いものが、案外使いやすいことがあります。
posted by nihondandy at 07:32| 日記

2017年12月09日

冬コミC93特設ページ

C93 冬コミ 参加します!
三日目・12月31日(日曜日)
東1ホール・I(アイ)60b 「日本ダンディ」


新刊@「オレだけアタシだけ裸にされた身体検査」
新刊A「地味な男子女子の初エッチ」


*コミケ当日 当ブースでお買い物1回につき1冊コピー誌を差し上げております
(先着順・なくなり次第終了)

*今回、フライヤーも配らせてもらいます。なくなり次第終了で。詳細
*コミケではスケブはお受けできませんのでご了承ください。
*ディスプレイ用のA1ポスターを先着一名に差し上げます。
当ブースにお越しの際に、直接言ってください。
その際に予約を取らせてもらいます。
15:00〜15:30あたりに取りに来られる方でお願いします。

●当日の頒布物
新刊
「オレだけアタシだけ裸にされた身体検査」
「地味な男子女子の初エッチ」
既刊
ふたなり女子の混浴修学旅行
水泳部女子部員男子の前で生着替え
VRシステムダウン
露出テストプレイ2
女子もふんどし一丁
ソウルジェムで肉体操作

*今年春の新刊「島のならわし全裸でみそぎ」は手持ちの在庫がなくなりました。
なので、今回持っていけません。
とらのあなメロンブックス様にはありますので、興味のある方は
是非、そちらでよろしくお願いします。

●ゲスト原稿
 3日目 東ヌ-53b 「sol-fa-soft」様の
新刊「おふろのあとで」にて
カラーイラストを一枚描かせてもらいました。

★新刊@「オレだけアタシだけ裸にされた身体検査」

★表紙
c93ndA01.png

★サンプル
c93ndA02.png
c93ndA03.png
c93ndA04.png
c93ndA05.png

★登場人物
kirarichara01.png
キャラ表裸ver

★あらすじ
身体検査の予備日。
自分以外が全員異性という状況の保健室で
自分だけが異性に全裸を見られてしまう身体検査のお話です。
前半は「オレだけ編(CFNM)」。
後半は、まったく同じ話を男女逆にした
「アタシだけ編(CMNF)」です。

前半で男子のおちんちんを一方的に見ていたキラリちゃん。
後半はキラリちゃんが主役で、男子の前でパンツを脱ぐことに。

★新刊A「地味な男子女子の初エッチ」

★表紙
c93ndB01.png
c93ndB02.png
c93ndB03.png
c93ndB04.png
c93ndB05.png

☆エッチシーンは「陰毛アリver」「陰毛ナシver」の2種類入っています

★登場人物
isikawa01.png
石川明美(いしかわあけみ)
両おさげ、やや目つきが悪いが、キョドりやすい小心者。
色気はないが、口調はあくまで女口調。
声もわりと低め。

tokoyama01.png
横山智浩(よこやまともひろ)
細身で、背は普通。物静かで、受身な性格。
イケメンというほどではないが、それなりに見れる容姿。

★あらすじ
なんとなく気が合うクラスメイト、かつ同じ部活の地味な女子。
その女子の家で二人きりでテスト勉強をすることに。
女子の自室で二人きりというドキドキな状況。
勉強の休憩中に興味本位でエッチをしてみる流れになり・・・
学生時代に誰もが(?)一度は
妄想したことがあるようなエロ展開を形にしたものです。

★新刊は2冊とも2017年12月31日より、とらのあなメロンブックス様にて
取り扱い開始予定です。
posted by nihondandy at 21:17| 日記

2017年12月08日

生ねぎうまい

もう金曜日でゴザル。
今週は過ぎるのがとても早く感じます。
今夜か、明日の夜くらいで、新刊特設ページをアップします。

・二日くらい前から、きざみねぎをタップリのせた温かい麺類が食べたくて
昼ごはんに、スーパーで買い求めたパックのきざみねぎを
セブンの冷凍醤油ラーメンにいっぱい乗せて食べたら、
すごい美味しかったです。

薬味というのは、別に無くてもいいもの。
割と薬味を軽視していたのですが
あったらあったで、とてもいいですね。
冷奴にしろ、ラーメンにしろ、ねぎがなくても十分ウマイので
メンドくさがって、ねぎ無しのことがほとんどでしたが
ねぎを乗せただけでワンランク上の料理になる気がしました。

なぜこんなにねぎを持ち上げるかといえば
その、ねぎをタップリのせた醤油ラーメンが懐かしい味がしたから。
ただねぎを乗せただけで、冷凍の醤油ラーメンが
スーパーのフードコートのラーメン、
高速道路のサービスエリアのラーメン、
・・・あれを彷彿とさせる味になって嬉しかったのでした。

しばらくは冷蔵庫にパックのきざみねぎを常備するかもです。
posted by nihondandy at 06:33| 日記

2017年12月07日

ある意味ジャケ買い

IMG_1550.JPG
とくに買う気のないおせんべい。
最近、ややお太りになられてきたので、おやつをやめようと思っていたし。

しかし、イメージキャラクターのゆるキャラが可愛かったので
買わざるを得なかった。
これだけシンプルなデザインで、これだけ可愛く描けるってすごいね。

こういう感じのおやつは、子供の頃よく食べていた気がしますが
実に久しぶりに食べました。
美味しかった。
以前より味が良くなっている気がしなくもない。
久しぶりだからか!?

・超力戦隊オーレンジャーという20年くらい前の戦隊。
そのソング集”「超力戦隊オーレンジャー」ヒット曲集 ”というアルバムが、
なかなかいい曲揃いで、今でもたまに聴きたくなります。

オーレンジャーは主題歌をはじめ、挿入歌の多くも
速水けんたろうさんが歌っています。
世間的には「だんご三兄弟」の速水けんたろうさんかもしれませんが
特撮ソングやキッズ向けアニメの主題歌も多く歌っています。

んで、そのオーレンジャーのソング集の中の
「オーレンジャースピリット」という曲。
特に好きというわけでもなく、アルバムの流れでなんとなく聴いていた曲ですが
最近、この曲が妙にお気に入り。
主題歌やロボ歌のように、キャッチーで勢いのある曲という感じではないのですが
爽やかな曲調が速水けんたろうさんの声と合っていて心地よい。

・・・こういうことがたまにあるので、CDだけはなかなか中古屋に売れません。
学生時代に買ったCDを聴きたくなったり
そういうCDの中に、新たな発見があったり、
今回のように、以前は特に好きではなかった曲が、改めて聴くと好きになったり。
だからCDはなかなか手放せません。

実は、オーレンジャーを見たことは一度もないのだがね。
オリジナルビデオ作品の「カーレンジャーVSオーレンジャー」は見たけどね。
面白かった。
特撮は、曲だけ知っていて、好きという作品が多いです。

じゃあ、なぜそんな面識の無い作品のソング集を買ったのかといえば
確か、学漫時代の先輩が中古屋で安かったからなんとなく買った
オーレンジャーのCDが思いのほか当たりだったので、僕にも聴いてみろ。と。
それでCDを借りて聴いてみたら、僕もハマったので、僕も中古を探して買った。
・・・そんな流れだったと思います。記憶があいまい。

アマゾンで見てみると、ちょっとだけプレミアの付いた値で出品されています。
僕が中古を買い求めた当時も、中古屋になかなかなくて、
苦労して見つけた中古も2000円はしたかな!?
リリースして5年は経っていたCDと思いますが、やや高かった記憶があります。
ネット通販・オークションのない時代、というか、手元にネット環境が無かった時代の話。
中古CD屋巡りが楽しかった時代。
検索すれば、すぐに中古CDが見つけられる、今の時代のほうがぜったいにいいのですけどね。
初めてヤフオクやアマゾンで中古CDを探したときは感動しましたもの。

そんななにげに思い入れのある、「超力戦隊オーレンジャー」ヒット曲集 の話でした。
posted by nihondandy at 01:39| 日記

2017年12月05日

ベストコンディション

雨が降りそうで降らない曇りの日。
個人的に最も旅情を誘う日が、そんな今日のような天気。

また、買い物がてら白鷺の団地に紅葉を見に行ってみた。

紅葉狩りは11月いっぱいなイメージですが、あと1週間は見られるな。

こういう天気が大好き。
こういう気候、天気の日に、山間の宿場町とかを歩いたら最高だろうな。
お茶屋で五平餅などいただきながら。

このあたりは優秀な電チラ(電車チラリ)スポットということも発見する。
IMG_2780.jpg
公園の紅葉の間から見える西武線。

これだけいろいろ楽しめる場所が近所にあったことに
長いこと気が付かなかったのがおしい。

また、買い物か昼めしがてらに寄りたいです。

・12月4日はバンドリの花園たえの誕生日らしい。
一応、彼女の好物のおしるこを飲んでみたり
キャラソンを買ってみたりして祝う。
この子がいなかったらこの作品に興味を持つことは無かったので
この子の存在は大きい。

僕が新しい作品に入っていく際、
「キャラデザ的に気に入る子がいるかどうか」
は重要なポイントです。
ほむらがいなかったらまどマギも見ていないと思いますし。

その、おたえちゃんですが、作品に触れるまでは
爽やか正ヒロインチックな性格と思ったら
主人公香澄と双璧をなす、頭のネジが飛んでいるキャラでびっくり。
しかし、慣れると、それでこそおたえですし
その頭のネジが外れた感じもミュージシャンっぽくてしっくりきています。

・好きなキャラクターにしろ、身内の人物にしろ、
覚えやすい誕生日と覚えにくい誕生日があります。
まぁまぁ好きなキャラの誕生日を毎年祝っていることもあれば
大好きなのに誕生日すら知らないキャラもいます。
僕のまわりの人に対しても同様、親しさや付き合いの長さにかかわらず
誕生日が頭に入ってきやすい人と、そうでない人がいます。
なので最近は、そうでない人に対して
「僕の脳ミソは、親しさや付き合いの長さにかかわらず、
頭に入ってこない誕生日があるので、すみませんが誕生日を教えてください」と
今さらながら誕生日をお聞きして、頭に叩き込んでいます。

例えば1月1日や12月24日はすぐに覚えられますが
2月10日などは覚えにくいでしょう?(2月10日生まれの人スマン)

・・・そんなことを思っていたのですが、ふと
自分の誕生日(5月26日)と同じ誕生日のキャラは
どんな感じか気になったので調べてみる。

するとネット某所に、キャラクター約3000人分の誕生日を調べて
統計を取っている猛者のサイトに出会いました。
キャラクターの誕生日は、作者が意図的に付けるものなので
「キャラクターの数が多い=人気のある、印象の強い日」
「キャラクターの数が少ない=人気がない、印象の薄い日」

その統計によると、作者がめったに使いたがらない、最も印象が薄い日
・・・「5月26日」。らしい。

「おまえの誕生日が一番頭に入ってこない日かーい!」自分で突っ込んじゃう。
お他人様には「あなたの誕生日は印象が薄いので、
申し訳無いですが、改めて誕生日を教えていただけませんか?」と言っておいて
自分の誕生日が最も印象が薄かったというオチ。

まぁ、逆に、ワースト1というのはインパクトがあるのだがね。
「嫌いな芸能人ランキング」も1位は本人も嬉しいらしいのですが
(キャラが立つので)
9位とかは全然嬉しくないらしいし。

こんなマイナーな誕生日を覚えてくれているみなさん、
ほんとうにありがとう。
posted by nihondandy at 02:19| 日記