2011年05月01日

「ちびミクの撮影現場ですっぽんぽん」 あとがき

突然ですが、エルシャダイ大好きなワタクシ。
ある日ニコ動で出会ったエルシャダイのMAD動画
”【ルシフェルさん】そんな幼女で大丈夫か?”(ニコ動へのリンク)

に、出てきた幼女ミクの可愛らしさに一目惚れ。
これが僕とちびミクとの出会いでした。
後日調べていくと、これはMMD(ミクミクダンス)の3Dモデルで
「Lat式ちびミク」ということがわかる。
自分としては3Dのミクでは一番好き。
華奢で色白で美人顔。なにげにロリコンのツボをバッチリ押さえています。
(真のロリコンは案外美人系(でも幼女)を好むのだ!
ぽっちゃり・童顔とロリは違う!芸能界やAV業界における
「ロリ」の定義に「これじゃない!」と永年嘆いています。)
夏に「Lat式ミク」のフィギュアが出ますが
「Lat式ちびミク」もフィギュア化して欲しい。

内容については、かなり自由に設定を作らせてもらいました。
ミクの一般的な「正統派アイドル」的なイメージは表の顔で
日常ではこの漫画みたいな性格(うまく表現できない)ということにしました。
愚痴は多いけど、根は良い子みたいな。

ミクとよくカップリングされるカイトさんはマネージャー。
デザイン的に一般的な少年に近かったので、ちびミクの相手役は
メイコの性転換・ショタ化キャラのメイト君。
そのマネージャーがメイコ(メイトの姉という設定)と。

アイドルといえば、恥ずかしいお仕事!ということで、
前々から「映画で子役が裸になるシーンって、それ自体もエロいけど
撮影現場はもっとエロいんだろうな。
撮影前後はスタッフのお兄さんや、異性の子役にも全裸を見られちゃうんだから。
例えばあなたが学校のクラスメイト達(異性)の前ですっぽんぽんにされるとします。
死ぬほど恥ずかしいでしょう。
・・・その子役も死ぬほど恥ずかしいんだろうな。
チクショウ!その撮影現場に立ち会ってみたい!!」
という思いがあり、いつかそういうシーンを漫画にしてみたかったので
今回、この可愛らしいちびミクちゃんにやっていただきました。

表紙の英語の羅列は、このあとがき文章を抜粋してローマ字にしただけのものです。
読んでみるとダサダサなので、読まないでね。
昔の子供向け文具やアニメの下敷きにはこういうのが多かったのを思い出し
マネしてみました。

今回は「自分のやりたいこと(サービスシーン出し惜しみナシの萌え漫画を描きたい)」
と、露出ジャンルの趣向を鑑み本番ナシになりました。
一応表紙にも「本番ナシ」と表記してありますが、本番アリと思った方には申し訳ないです。

基本的に当サークルの本は「オリジナルは本番ナシ・露出プレイのみ」「版権モノは露出+本番」でやっていますが
今回は例外ですね。

それでは、手にとっていただいた皆様へありがとうございました!

4月某日 松野すすむ
posted by nihondandy at 00:13| あとがき