2017年07月18日

地名あるある

医者という職業をとても尊敬しています。
最近は週一で歯医者に通っていますが
夏休みだからか、お子様の患者もぼちぼち見かけます。

より口のサイズは小さくなるから、
より治療に神経使うんだろうなと思います。

歯医者の治療といえば、ドリルで削って、パテを詰めて、整えて
・・・プラモデルに似ているのですが
相手が生身の人間ということで、ミスが許されない。
しかもなるべく痛くないように気を遣いつつ。
・・・そんな神経の擦り減る作業を朝から晩まで、毎日やる。
その気苦労を思うと、やっぱりタイヘンなお仕事だなと。

・・・そんなこんなで、お医者さんは偉いな、と。

・豚の生肉スライスの食べ方として「焼く」「茹でる」しかやったことがないのですが
ふと思いつきで、皿に豚肉を並べて、充分チンで温めて
ごましゃぶのタレをかけて食べたらとても美味しかったです。

超カンタン調理な上に、豚の旨みが凝縮された感じ。
お惣菜を買ってくるよりも、美味しくてヘルシーかもしれない。

・ネットをやっていて「生放送」と「茨城県」を空目する。
全然違う文字ですが、僕の目が悪い上に
小さい文字だと、そうやって見えてしまったのでした。

ちなみに茨城は「いばらぎ」ではなく「いばら
「いばらぎ」と読むと龍ヶ崎さんに怒られます。(”栃木部”1巻参照)
龍ヶ崎さんになら、むしろ怒られたい。

僕の出身岐阜にも「各務ヶ原」という地名があって
「かかみがはら」「かがみがはら」「かがみはら」と
僕の周りでは適当に呼んでいましたが
正式には「かかみがはら」らしい。

滋賀県の実家の近くにも「簗瀬」という地名があって
「やなせ」とも「やなぜ」とも呼んでいます。
正式には「やなぜ」っぽいですが、「やなせ」という読みも
普通に検索でヒットします。
ちなみに「全裸水泳3」の簗瀬あんりの名前はこの地名から取っています。

今東京で住んでいるところの近くにも
「江古田」という地名がありますが「えごた」と読む場合も
「えこだ」と読む場合もあるらしい。

僕のゆかりの土地でもこれだけそういう地名があるのだから
全国には無数の「複数の呼ばれ方をしている地名」があるのでしょう。
面白い。



posted by nihondandy at 21:54| 日記