2013年09月28日

微妙に発売延期!?

おそらく来週半ばの締め切りまで、日記更新しないと思われ。

明日は一ヶ月発売延期になった
デカほむらのフィギュアがヨドバシから届く日!
それまでにこのページまで仕上げるぞ!
と、テンションを上げていたのですが、
一向に発送メールが来ない。
ヨドバシのサイトでは10月1日発売になっている。
アマゾンでは今日発売になっている。

どっちだ!?
どのみち明日には手に入らないのでテンションだだ下がりです。

そして10月1日なら締め切り超直前!
脱稿の打ち上げ気分で開ける感じになるな。
楽しみです。

・最近、作業中に音楽は流さず、
集中して作業して、
特定の箇所まで進んだら、

普段買わないようなお菓子を買う
食事をちょっぴり奮発する
ガンオンを一回やる

・・・みたいに、ご褒美を設定してやると
作業能率が上がることが判明。

トラブルが起こらない限りは、
脱稿まで良い作画ペースを保てそうです。
posted by nihondandy at 03:45| 日記

2013年09月25日

新発見!

・携帯のアラームでは目が覚めないことが判明!
徹夜明けに二時間睡眠で済ますのは、やはり無理か・・・。

・もこっちの声優さんって、ミルキィホームズのコーデリアさんの
人じゃあねーか!ということに今さら気が付く。
確かに、妄想の中の”キレイなもこっち”の声はコーデリアさんに近い。
二人とも妄想癖がヒドイキャラだな。

・ノエルの銃の形状は、ショットガンに近い。
拳銃をイメージして描いていたので、しっくりこなかったのですが
ショットガンをイメージすると、しっくりきました。
・・・ということで、前半部分の銃の握り方は違和感があると思います。

・「明鏡止水」
Gガンダムファンの間でよく使われる四文字熟語。
”水をたたえた鏡のように、清く澄んだ心”を手に入れることで
主人公が真の力に覚醒する・・・という熱い展開。

永年、この概念は「一生懸命」のようなものと捉えていましたが
「無我の境地」のほうが近いのではないか?と最近気が付きました。

なにげに来年でGガン放映開始20周年。
早いなぁ・・・。

記念として、何か企画したい。
posted by nihondandy at 14:28| 日記

2013年09月23日

たまごまーけっと

最近、卵料理というか
天津飯やきくらげの卵炒め的な料理を食べたいのですが
近場の中華チェーンや弁当屋ではそういうのを扱っていないです。
かといって、隣町の餃子の満州まで天津飯を食べるために
往復するのは時間が惜しい(&メンドイ)

ということで「王将ー!鷺宮に来てくれー!」という気持ちです。
なぜか福しん・日高屋には天津飯、天津麺が無いのです。

「狙いさだめる たまこまーけっと〜(シャアがターゲット)♪」
という「シャアが来る」の替え歌を思いつく。
とてもくだらない。ちなみに「たまこまーけっと」も見ていない。

すでに「中二病〜」の劇場版が始まっているのだな。
脱稿したら見に行きたい。
総集編のようですが、身内では見に行く人がいなさそうなので
「俺が見に行かねば!」と思ってしまう、
スタードライバーのときと同じパターンDEATH!

・ブレイブルー本。
プラチナがカワイイので描いていて楽しいです。
プラチナ分多めになりそうです。(ノエルと半々くらい)
リボンや豪奢な髪は描くのが手間ですが、全裸にしたときに
見栄えがするので助かっています。

全裸というのは絵的に見栄えがしない上に
下手に見えてしまう・・・というデメリットがあります。

抱き枕カバーのデザイン、またはイラストレーターの方が
フルヌードをあまり描かないのはそういう理由もあるかもしれません。

しかし全裸スキーのあたいは描かざるを得ない!

僕の絵は全裸うんぬん以前に下手だ
とか、そういうことを言ってはいけません。
posted by nihondandy at 20:00| 日記

2013年09月17日

やじきた

気候が良くなり、夜に外を出歩くと心地よい涼しさ。
セブンで夕飯に五目おこわを買う。温めてもらう。

五目おこわを一口食べて思わず「うわぁ・・・やじきた」
と、あまりの懐かしさに、うなってしまいました。

やじきた・・・まだサティがニチイと名乗ってた幼少の頃
地元のニチイの一角にあった和食屋。
親と買い物帰りによく昼ご飯を食べたお店。
たぬきうどんと五目御飯のセットをよく食べていました。

今日食べた五目おこわは、やじきたの五目御飯を
一瞬で思い出させる風味でした。
忘却の彼方の、四半世紀以上前の記憶。
「味覚と嗅覚は記憶に直結しやすい」と聞いたことがありますが
本当ですね。

・ガンダムエクシアリペア。
00一期の最終話で大破したエクシアを応急処置した機体。
半壊した頭部や、左腕のマント型のボロ布がワイルドでカッコイイ。

んが「エクシアリペア」という名前から、エクシアが
大破した味方の機体の横で、棒立ちでリペアガンをパシパシ打っている姿や
戦場の物陰にレーダーポッドを設置している姿を
想像してほっこり(使っちゃった!)してしましました。

・・・という、ガンダムオンラインネタで御座います。

ザクU強行偵察型のレンタル機体が当たらない・・・。
物欲センサーに引っかかったか!?
というか、最近全然プレイできていない。
ガッツリプレイしたいなぁ・・・。

・最近、複数の女性が一点を見つめて笑っている構図を見ると
チンチンを見つめて喜んでいると思ってしまう。
ほとんどビョーキ
posted by nihondandy at 23:43| 日記

2013年09月14日

秋の足音が

・夏コミ新刊のDL販売の申請が済みました。
9月21日(土)に各DL販売サイト様にて販売開始です。
(サイト日本ダンディのDL販売ページから、
各DL販売サイトの当サークルの作品一覧に飛べます)
よろしくお願いします!

今回はトーン(褐色)肌の子が多いので
比較的モアレの少ないjpg版も同梱しています。

jpgの閲覧に関して、win7の場合は
標準の画像ビューアはモアレが多いのですが
スライドショーで見るとモアレが減ります。
画像ビューアはxpの方が使いやすかったな・・・。

・ブレイブルー本、というか格ゲーキャラはパーツが多くて
地味に描くのがたいへん。わかっていたことですが。
今、表紙を塗っています。
塗り方を変えてみようとしたり(予定)
前述のとおり服のパーツが多かったりで
苦戦しそうですが、やりがいもあります。

・最近若干涼しくなり、体温・室温調節が難しいので
風邪をひきかけました。皆様もお気をつけを。

とはいえ、日もだいぶ短くなり、夜は虫の音も心地よく
夜の一族としては嬉しいシーズンになってきました!

コッテリした食べ物や
温かい食べ物も美味しい季節になりつつあります。

・もこっちのアニメ。
たまに見るとすごく面白い。
もこっちカワイイ。

もしもタイトルが
「私がモテないのはどう考えても私が悪い」だったら。
・・・謙虚だ。
posted by nihondandy at 16:42| お知らせ

2013年09月11日

スパイ大作戦!?

ガンダムオンライン。
今日のアップデートで
ジオンにはザクU強行偵察型が実装されるらしい。
連邦のザニーといい、近頃は妙チクリン・ユニークな
機体が増えて嬉しいです。
来週はヅダらしいし。

ザクU強行偵察型は幼少の頃
プラモデルで遊んだ機体で、思い入れもありますし
支援機らしいので、砲撃・支援機中心で活動する自分には楽しみな機体です。

連邦のザニーはこのゲームで初めて知った機体。
ザクをベースにして作られた試作機。

ジムのようなザクのようなデザイン
(80年代のマイナーロボットアニメに出てきそう)。
華奢なような武骨なようなシルエット。
弱そうな強そうな雰囲気。
連邦のようなジオンのようなプロフィール。
・・・そんな危うい雰囲気に惹かれ
この機体をゲットするために
しばらく連邦にスパイに行っていました。

ザニーの使用感は
支援機であるものの、頭バルHの命中率が高いので
立ち回り次第でフル体力の高コスト機も狩れる
地味に出来る子でした。

連邦のスパイ期間中は、
「ジムに思わずバズーカを打ってしまった」
「ピンクの棒(ビームサーベル)を見るとビビる」
・・・というジオン兵あるあるを体験できて面白かったです。

両軍で戦ってみると
連邦の機体は被弾しにくく(華奢)、防御力が高い(盾持ちが多い)
しかし、武器が当てにくい。
ジオンの機体は被弾しやすく(デブ)、盾持ちが少ない。
しかし、武器は当てやすい。

連邦は閉所で近接戦が得意、ジオンは開けた場所で中距離戦が得意

・・・そんな傾向があると思います。
ジオンだけではわからなかったことが見えたり
両軍をフラットに見られるようになったので
よいスパイ体験でした。

ハマってるなぁ、このゲーム・・・。
posted by nihondandy at 14:25| 日記

2013年09月07日

やはりほむほむは貧乳カワイイ

ようやく劇場版まどマギのBDを見たぜ!
ということで、約一年遅れの劇場版の感想です。

総集編と聞いて、劇場には行かなかったのですが
ストーリーは同じものの、作画と音声はほとんど
作り直してあると思われる。
作画レベルが高く、背景が綺麗。
これなら見に行けば良かった・・・。

無駄なシーンは省き
説明不足なシーンやセリフは追加されているので
まどマギ未見の人は、この劇場版を見ればいいと思われ。

杏子のキャラがだいぶ変更されていた感じがしました。
テレビ版では
「性格の歪んだ利己主義者→姉御肌の熱血タイプ」
に豹変していましたが、劇場版ではセリフは同じものの
演技が姉御肌の熱血タイプに統一されている感じがしました。

さやかとまどかはホントにいい子だと思うのだけれど
性的魅力を感じるのはほむらと杏子という不思議。

あと、この作品は繰り返し見る度に面白さが増します。
理解が深まるというか、伏線を見つける面白さというか。

テレビ版主題歌の「コネクト」も劇場版の「ルミナス」も
いい曲だなと、いまさらながらに思いました。

関係ないけど「哀戦士」は名曲であると
改めて思う、今日この頃です。
posted by nihondandy at 03:42| 日記

2013年09月03日

いいなぁコレ

サークルヘリオドールの「ヴィータ大脱出」という
脱衣アクションゲーム。
DLsiteで体験版を落としてやってみましたが
なかなか良かったです。

アクションゲームとしても割りと面白く、
脱衣アクションゲームには入っていて欲しい要素である
・フラッシュ製ではなく、ドット絵のゲームである。
・ムチムチのお姉さんより、華奢な少女がプレイヤーだと嬉しい。
・全裸になった後も戦闘可能。
・・・がキチンと入っている。
簡単な条件のようですが、案外これらを満たしている
脱衣アクションゲームは稀です。

これは欲しい!買わせてください!
と、思ったのですがまだ発売されていない模様。

自分でもこういうゲーム作りたいなぁ・・・。
プログラムの知識さえあれば!

しかし、今描いているブレイブルーの脱衣バトル本の
参考になりそうです。
プラチナ(↑のブログヘッダ画像の子)とヴィータは
「口の悪い魔法少女」という点では似てますし。

全裸といっても、手袋とブーツは残すべきなんだな。
なるほど・・・。

ノエル・プラチナメイン本になりそうですが
ほぼ全編全裸展開なので、徐々に脱がせていって
最終的に一糸まとわぬ、生まれたままの姿にするのがいいかもしれない。
posted by nihondandy at 00:49| 日記