2013年05月31日

ありがたや

今日はいろんなことがありすぎて
寝付けなかったので、日記更新。

・明日(今日!?)発売のエロゲ「ゆめこい」にも
裸立ち絵パッチが存在することが、今日、判明。
さっそく注文!
もっと早く言ってくれれば、予約入れたのに・・・。

去年の「恋妹SWEET☆DAYS」の時も、発売直前で
裸パッチの情報が出たので、特典付きを求めて
急いで秋葉に直行したものです。
典型的なツンデレお嬢様、声が水橋系の響迦院さんが大好きでした。

今月、来月は全裸立ち絵ゲーが充実していて嬉しい!

・バンナムの新作「超ヒロイン戦記」のメンツが
なかなか物議を醸し出しそうな内容。
ビミョーにマイナー路線。アリアやルイズは個人的には嬉しいけど。

少なくとも、なのは・プリキュア・まどマギは欲しい。
もうちょい前ならCCさくらやセラムンも外せないでしょう。

言い出したらキリがないですが
さらに「魔法少女」ではなく「ヒロイン」と詠っているので
初音ミク、綾波レイ、ハルヒ・・・出すべき有名ヒロインにはいとまがない。

このゲーム自体より
「なんでこのメンツを選んだのか?」という選考基準に興味が沸きました。
ヒロイン一人一人に、採用に至った経緯を解説した冊子が付くなら
このゲーム欲しいかも。

・明日は夏コミの当落発表でゴザル。
毎回、発表前日は不安でしょうがない。
発表の時間帯に家にいたくないので、わざと外出したりしたこともある。
明日もマックかファミレスでネーム作業でもしていようかしら?
posted by nihondandy at 03:54| 日記

2013年05月30日

地下鉄博物館に行く

今日は夕方から所用で新宿へ行く予定だったので、
いっそ、昼過ぎに出発して
ついでにいろいろ回ろうと画策。

高田馬場駅前のロシア料理屋→地下鉄博物館→新宿

というコース。

・ロシア料理屋は、正月明けに行ったら混んでいて断念したお店。
今日は空いていました。
ランチセットの「ボルシチ+ピロシキ+つぼ焼き」の
ロシア料理三点セットを注文。

ボルシチは赤カブのスープと聞いて、マズイかもと思っていたのですが
野菜と牛肉タップリのトマトスープという感じ。
サワークリームでほどよくコクもある。

どの料理も、薄味だけど旨みはある、しかしクセは無い。
ゴロー風に言えば「このロシア料理 真面目な味」。

美味しかったのですがボリュームはやや頼りない。
内装がオシャレだったし、若い女性やデート用の店という感じ。
場違いオーラをひしひしと感じた僕は
日高屋か松屋に行って「俺にお似合いなのはこういう店ですよ」
と、つぶやきたい気持ちに駆られるのでした。

しかしこれで、ロシア料理初体験はいい感じで済みました。
大学でロシア語を受講していた(中国語希望でしたが抽選で落ちた)ので
一度はロシア料理を食べておきたかったのです。

・そこから地下鉄東西線で葛西へ。
葛西駅は高架下、地下鉄博物館へ。
P1040440.jpg
入場チケットが切符型で、入り口ゲートが改札機になっているという
気合の入った演出にテンション上がります。
P1040447.jpg

館内は地下鉄の歴史のビデオが流れていたり、クイズコーナーがあったり
実物の古い車両が展示されていたり・・・オーソドックスな展示内容。

特筆すべきは、
実際の地下鉄の映像を用いた運転シュミレーター。
自分で操作できるNゲージ。
自分で操作できるパンタグラフ。
自分でエンジンを操作できる旧型車両。
・・・実際に体験できる展示物多数。

小さなお子様が喜びそうな施設。
実際客の多くが、小さな男の子を連れたファミリーでした。
僕が子供のころにこの施設に出会っていたら
将来、電車の運転士を目指していたかもしれない。
それくらいの展示物の充実っぷり。

リアル車両を使って運転士ゴッコをする男の子が
羨ましくもあり、可愛くもありました。
初めてオスガキを可愛いと思ったかもしれない。

僕は、運転シュミレーターをやりました。
こちらは、大人向け!?
大人用のシートサイズと、操作が難しそうな印象からか
なぜかお子様はあまり興味が無い様子。

今日は空いていたからか、職員のおじさんにマンツーマンで
運転方法を教わる。
自動車学校に通ってるみたいで、かなり緊張しましたが
(車校が嫌いだったのよ)、楽しかったです。
しかし、停止線ピッタリで静かに停車させるのはなかなか難しいです。

・・・とても楽しい施設でした。
これで大人入場料210円は安すぎる。

お土産屋があったので、都内路線図ハンカチを買う。
P1040446.jpg
地下鉄のみならず、JRや私鉄も網羅されています。
ポケットに常備しておけば重宝しそうな一品。
しかし、都内のお土産屋ならどこでも置いてそうな一品でもある。

・夕方、新宿に向かう。
電車内の吊り広告で「スマホ」と「スク水」を空目する。

新宿のローソンを何軒か回って、
三ツ矢サイダーのまどマギ缶を探したのですが
置いていない。というか、缶のジュース自体を扱っていない。
探し回ってまではいらないけど(書き下ろしではないので)
ついでにゲットできるならほむほむ缶を確保したかった。
posted by nihondandy at 00:04| 日記

2013年05月29日

肩すかしをくう

カラオケ居酒屋らしき店の前を通りかかったら
「お〜し〜え〜てほ〜しい〜♪」
という聞き覚えのあるフレーズが聞こえる。

これはゴダイゴの「ガンダーラ」だ。
このあとの歌詞は「イン ガンダーラ ♪」だ。
と、瞬時に分析。

しかし、歌はそこで止まる。
コントならズッコケル場面。

あのカラオケは何だったんだろう?

・夕飯は久しぶりに松屋に行く。
牛めしお新香セット(生卵付き)大盛が
ムショーに食べたくなったので。

牛めし大盛はご飯は大盛だけど、具は並らしいので、
最初は具をどけて、卵と醤油をかけます。
前半は卵かけご飯、後半は具が多めの牛めし、
一度で二度美味しい。
僕の庶民派(貧乏性)が発揮されます。

そんな作戦を立てながら食べ進めていると、
隣の同年代のスーツ姿の二人組みから
「今日、けいおん!のコンサートだったんですか?」
という会話が聞こえる。

僕が「お?お二人さん、実はけっこうオタク?」
なんて思っていると、会話の流れから
二人は中学か高校の教師らしい。

つまり先程の会話は
「今日、軽音(軽音楽部)のコンサートだったんですか?」
という、教師としてはいたって普通の会話。
本来の意味での「けいおん」。

僕の早とちり。

でも、そういう逆転現象たびたび見受けられます。

かつて「あむろ」といえばアムロ・レイだったけど
安室奈美恵のほうがすっかり有名になってしまったように。

・・・そんな考え事をしながら食べていたので
ご飯の大半を卵かけご飯で消費してしまい
後半は「具が多めの牛めし」ではなく「牛皿」になってしまいました。

僕は、メインの具を後半に残しておくクセがあるので
カツ丼がただのトンカツに
海鮮サラダが単なる刺身に
・・・食べ進めるバランスを失敗して
こういう状態になってしまうことがあります。

一番美味しいと感じる空腹状態を
米や野菜で満たし、
やや満腹状態で肉や魚を味わうことになるので
この作戦はどうなの?とは思います。

でも、肉や魚を先に食べてしまい、
敗戦処理で米や野菜を食べるのもツライ。

バランスが大事か。

・これは個人的なただの愚痴ですが、
みんなで焼肉に行って、野菜を頼む人が困ります。

頼んだ人が率先して野菜を食べてくれれば問題ないけど
たいてい全員、肉に夢中になって、焦げていくキャベツやカボチャ。
僕は罪悪感に駆られて、野菜も食べるのですが
「敗戦処理させられている感」がハンパない。

僕のように罪悪感に駆られやすい、メンタルの弱い人間が損をする。
焼肉はまさに弱菜強肉の世界。
(しかし”焦げていく野菜をほおっておけない”女性を見かけたら
僕は惚れてしまうと思う。声が水橋かおり系だとなお良し!)

・・・十年くらい前はそんなことが多かったのですが、
僕が毎回その愚痴を言うせいか、
「焼き野菜はどうせ焦がす」ことにみんな気付いたのか、
世間の焼肉のスタイルの変化か、

・・・近年は、みんなで焼肉に行っても
「焼くのは肉だけで、野菜を食べたかったらサラダを注文する」
というスタイルが主流になりつつあります。

助かります。
posted by nihondandy at 00:10| 日記

2013年05月26日

かぶるときはかぶる

今日はコミ1新刊のDL販売の申請を済ませました。
6月1日土曜日の販売開始予定です。
よろしければ!

・毎朝起きる前に布団の中でノビをするのですが
今朝は右のふくらはぎを盛大につりました。
メチャクチャ痛いぜ!
昨日、磯でアスレチックした疲労が原因だろうか!?

・6月28日発売の「フレラバ」というエロゲにも
予約特典で全裸パッチが付くようです。

現在応援バナーを貼っている「せんすいぶ!」も同日の発売。
この日は二本買うこと確定。
嬉しい悲鳴。ブヒィィィィ。

前もお話しましたように、「全裸+○○(鎧、バンソウコウなど)パッチ」は珍しく
普通の「全裸パッチ」はさらに珍しい!
それが同日に二本も発売されるのは偶然とは思えない。

ともかく全裸立ち絵スキー歓喜でアリマス!

・HGUCでガーベラテトラが出る。
ということは、ガンダム試作四号機・ガーベラも出るかもしれない。
0083本編には登場しない機体のようですが
ガンダムシリーズの中で5本の指に入るくらい好きな機体だけに
プラモデル化への期待が高まります。

ジムトレーナーやザクワーカーもプラモデル化してほしいです。
今年はMSVのザクがいろいろ出るようなので
ザクワーカーは望みがあります。

ガンプラは去年からW、SEED押しなので
欲しいキットがなかなか無いです。
もっとGやXのキットを出して欲しいのですが
あまり売れなかったのかなぁ・・・。
posted by nihondandy at 02:38| お知らせ

2013年05月25日

三崎旅行

今日はさとうさんと
かねてより計画していた三崎旅行へ。
去年の6月に行く予定でしたが、
去年の6月は私的な用事でゴタゴタしていたので
流れていたのよね。

最近遊んでいる記事が多いですが、2、5月くらいしか
時間的ゆとりのある月が無いので許してつかぁさい。

旅行の行程は、京急で三浦海岸駅まで行きそこから
海側を走る路線バスで三崎港まで行き
城ヶ島で海の幸をいただいたり
海岸を散策したり・・・という内容。

三浦半島の海岸線を走る路線バス。
P1040360.jpg
P1040363.jpg
爽やかな五月晴れにも恵まれ、爽快な景色。

畑の目立つ海沿いの丘陵地帯は沖縄を思わせる。
田舎具合は実家のある滋賀県に近い。

ここがホントに神奈川県か!?
横浜から一時間ほどの景色か!?
初めての土地、旅情満点な風景に、そんな事を思いました。

とても気持ちのいい一時間弱のバスの旅を経て、三崎港へ。
そこから徒歩で城ヶ島大橋を渡り、城ヶ島へ。
P1040373.jpg
P1040375.jpg
高い橋なので、絶景でした。
下の写真左が城ヶ島・右が三崎港。
このあたりに住んでいる人が羨ましくなる素晴らしい眺め。

P1040383.jpg
城ヶ島の灯台回りの商店街の風景。
ここで昼食に刺身定食や煮魚定食などをいただく。
マグロはやはり美味しかったです。

初夏の陽気もあいまって、南国ムードすら漂います。
灯台の向こう、島の外海側は延々と岩場が続いています。
P1040395.jpg
P1040403.jpg
特撮の撮影や、アニメにもたびたび登場するスポットで
前々から興味があったので、とても楽しく歩き回ったのですが
足場が悪く、歩き回るのはちょっとしたアスレチックでハードでした。
僕は楽しかったのですが、
ご一緒してもらったさとうさんにはちょっと悪かったかな、と。

しかし、視界に人工物が無い、大自然の風景を満喫できて爽快でした。

東京、横浜の近くでこんなにダイナミックな自然に触れたことが
カルチャーショックでした。
神奈川県のイメージが変わった。
地方出身者としては、神奈川県のイメージは
ザックリ言えば横浜か川崎のイメージしか無かったので。

帰りもバスや電車で巡ってみたかったスポットを二ヶ所ほど回り
夕方、横浜で解散。
半日のうちで、人工物の無いエリアと、都会を両方体験する
面白い旅行でした。
posted by nihondandy at 01:18| 日記

2013年05月23日

都電荒川線の旅をしたいのですが

都電荒川線 フォトさんぽ』という本を買ってみました。
先日紹介しました鉄道写真家・中井精也さんの本。

都電荒川線は、上京したころから一度は小旅行に出かけたいと思いつつ
まだ乗れていません。
近いとかえって行かなくなるアレです。
東京の人がスカイツリーにあまり興味なかったり
故郷、岐阜でも地元民は鵜飼にあまり興味がなかったり

あと、都電荒川線の旅をするにも何を見ればいいのかわからなかったので
買ってみたのが上記の本です。

鉄道写真の本でありながら、風景やグルメや鉄道や写真に関する情報も豊富で
ガイドブックとしてなかなか役立ちそうな一冊。

寝る前のひとときに、ダラダラ読む本として最適。
ベットの本棚に入れておきたい一冊。
posted by nihondandy at 01:50| 日記

2013年05月22日

夢の中で凹む

中二の頃、熱烈に片想いしていた子が
月に一度くらい夢に出てくる。
という話はたびたびしていると思います。

彼女は毎回、中学時代の容姿で登場するのですが
今朝は現在の三十代バージョンで登場しました。
(その子とは15年くらい会っていないのだが)
これは初。

シチュエーションは、彼女の子供が生まれた&家を買ったので
見に来て欲しい・・・という、
僕にとってはなかなかキツいシチュエーション。

夢には彼女はほとんど登場せず
ヒロミ(タレントの)にちょっと似ている旦那と話したり
新築の家を見て回るシーンがほとんど。

旦那に「あいつのこと好きだったの?」と聞かれるけど
「いや、ただの友達だよ」と誤魔化す。

実際のところは、強く想っていたし、友達にすらなれなかったのだが。
しかし、告白はした。オカズにもした。
・・・という、かなりダメな感じの片思いパターン。
彼女との接点が薄いが故に、綺麗なイメージが日々増幅され
それが現在でも続いているのでしょう。

不思議だったのは、旦那のノロケ話を聞きながら
「俺は手を繋ぐことすら叶わなかったのに、この人は日常的にエッチしてるんだ」
と、気の遠くなるような格差に落ち込んだり
「他人に話すときは”旦那はしいて言うならヒロミに似ている”と言おう」
と・・・夢の中で思考を巡らせていたこと。

本来なら、好きな子が結婚して、子供もいて、幸せそうだったら
「おめでとう」と温かい気持ちになるべき局面でしょうけど
羨望と劣等感しか沸かなかったです。

「恋は自分本位の感情、愛は相手本位の感情
自分はさておき、相手が幸せなら、自分も幸せに思えるのが愛」
・・・美輪明宏の本などで知った言葉です。
言葉では理解し、そうありたいと思っていましたが

・・・夢というのは、理性が吹き飛び、欲望がむき出しになるね。

しかし、女の子と混浴になる夢をたまに見ますが
そういうときは押し倒しもせず、喜んだりもせず、
妙に理性的に振舞っています。
そういう時こそ欲望のままに行動しろよ!

漫画家の奥田ひとし先生が、単行本の前書きで
「夢の中で”これは夢だ”と自覚する訓練が成功しつつある」
と、おっしゃっていたので、訓練方法をご教授いただきたいところ。

少年よ女を抱け!
ボーイズ ビンビン アンビシャス!
posted by nihondandy at 11:03| 日記

2013年05月21日

またエロゲのはなし

今日も積みゲーを崩した話ですが、
夏コミの準備も着々と進めています。

オリジナルの夏らしい作品になる模様。

以前、ジョジョの荒木先生がテレビに出たときに
「各キャラごとに、身上調査書(細かいプロフィール表)を作っている。
作ったほうが、キャラに深みが出る。」と、おっしゃっていました。

実は、去年の冬コミ新刊ではそれを実行しています。
このあいだのコミ1新刊では、それを忘れていたので、
夏コミでは再び作ってみることに。

現在は、それを作りつつ
物語のあらすじを考えているところです。
ストーリーものでありながら、露出羞恥要素はガッツリ入れる。
そんな方針です。

・以下、エロゲ感想。

積んであったエロゲ
中の人などいない! トーキョー・ヒーロー・プロジェクト
をやってみました。
今作はヒーローものをモチーフとしたコメディ作品という
とっつき易さから、プレイすることに。

特典目当てで買って、エロはヌルいメーカーとわかっていたので
ソフトは放置していました。
しかし、メインの原画家さんはラノベでは脱ぎっぷりのいい挿絵を
たびたび描いているので
本人の意思でヌルいわけではない・・・と思いたい。

では、感想です。
ネタバレ満載なので、プレイ予定のある方は
読まないほうがいいと思います。

表面的には
「統京(とうきょう)23区のご当地ヒーローと
お子ちゃまリーダー率るゆるキャラ怪人との戦い」ですが
実際は
「ヒーロー、マスコミ、行政を裏で操り
地球を恐怖政治で治めようとする急進派の宇宙人(ヒーロー側)と
それに対抗する少数精鋭のレジスタンスを組織し、
地球人との共存を望む穏健派の宇宙人(怪人側)」という構図。

ガンダム00二期のアロウズとソレスタみたいな
正義の名の元に暴力を振るう大勢力VS少数派の平和主義者の構図が熱い。

雰囲気はコメディタッチですが、案外シリアスで熱い内容。
展開がシリアスになりすぎるとギャグが入る。
このやり方は上手いと思いました。

選択肢の流れで、今回はレジスタンスのリーダー(金髪ロリ♪)の
ルートに進みました。
レジスタンス側のルートでは、レジスタンス側はみんないい奴で、結束も強い。
レジスタンス側こそ正義。という内容で物語は進みますが、
選択肢次第ではヒーロー側にも進むことができるので
ヒーロー側でも1キャラクリアしてみたいです。

1つの物語で、様々な結末を楽しめる。
ゲームであるが故の恩恵を改めて感じます。

・・・このように長々とレビューするということは、
気に入ったということですが
イカンセン、エロがヌルいのだ(血涙)!

立ち絵鑑賞モードがあるのに裸が見れないとは何事!?

ヒーローものなのに、街中で強制変身解除ですっぽんぽんとか
囚われて、エッチな実験・拷問を受けるとか
そういうセックス以外のエッチな展開はほぼ無し。
メインヒロインの変身絵(全裸)が一枚ある程度。

内容が良かっただけに、これは悔やまれる。
思い入れのある女の子のエッチな姿は、よりエロいやん!?

しかし、先月出たビジュアルファンブックは表紙がエロいので
買いたいかもしれない。
このメーカーは特典やグッズの絵だけはエロいのな・・・。
こういうメーカーに投資するのは悔しいのですが・・・
本当は作品内でエロを頑張っているメーカーを応援したいのですが・・・
息子にせがまれているので・・・

今夜は息子とよく話し合ってみます。
posted by nihondandy at 14:44| 日記

2013年05月18日

とてもオタクらしい一日

今日は爽やかな五月晴れだったので
「こんな日に洗濯しないのは勿体無い」
「こんな日に出かけないのは勿体無い」
ということで、両方やりました。

近く、といっても、徒歩で30分以上かかるので
行くのをためらっていた「シャフト」と「サンライズ」を
見てきました。

今住んでいる杉並区・練馬区付近はアニメ制作会社が集中しています。

「シャフトとサンライズの建物を見に行く」というと味気ないですが
「ほむほむの実家と、Gガンダム発祥の地を見に行く」というと
僕にはとても有意義な行動です。

どちらの会社も駅前商店街の外れにあり、街の風景に溶け込んでいます。
中小企業のデザイン事務所のような外観。
「あんなにすごい作品を作っているのだから、デカいビルに違いない」
と思って行くと、肩透かしを食うかと。

アニメに限らず、エロゲメーカーや出版社でも、都会ではよくあることです。

二つの会社は最寄駅は違うものの
同じ通り沿いの、徒歩10分圏内にあったのでご近所ですな。

・レールガンの二期をまとめ見しました。
このシリーズは興味があったので、二期開始をきっかけに見てみることに。

とりあえず、黒髪クセ毛で不気味な少女、布束砥信が可愛いなと。
ケツの穴に中指を突っ込んでみたいです。

何事にも動揺しない雰囲気の無表情な子が
不意に「んあっ!(ビクン!)」と頬を赤らめると
とてもエロいと思うのです。

原作ではもっと目つきが不気味らしいのですが、一向にかまわん。

この作品の少女は皆、カラダが細くて貧乳で、理想的な少女体型でアリマス。

posted by nihondandy at 02:37| 日記

2013年05月17日

俺キュアオールスターズ

歴代のプリキュアが集結する映画シリーズ「プリキュアオールスターズ」。
それよりもさらに広い範囲の歴代変身ヒロインが
劇場のスクリーンで大暴れ!
元祖変身ヒロインの「ナースエンジェル」と
最新の「ドキドキプリキュア」は扱い大きめ。

今風にリメイクされたナースエンジェルの変身シーンが
とても可愛かったので
見終わった後で、一緒に見に行った友達に
「あとでもう一回見に来るわ」と言うくらい
ハッスルした映画でした。

なぜナースエンジェルが元祖という扱いかと言えば
僕が初めてハマった変身ヒロインアニメだからでしょう。

・・・ということで、上記の話は僕が先ほど夢で見た映画の話です。

しかし、自分の好きな変身ヒロインが
作品の枠を超えて競演する作品とか面白そうです。

他作品のヒロインとの倫理観のズレや、
うっかり「他人のために戦うなんてバカのやることだわ」
みたいな失言をして険悪な雰囲気になる
ほむらとか

他作品のヒロインの派手な必殺技を目の当たりにして
ヘコむ、ほむらとか(自前の戦闘力はゼロなので)

・・・いや、ほむらだけでなく
例えば歴代の美沙緒ちゃんポジション(主人公の親友の可憐な少女)キャラで
チームを組ませたら面白そうとか

妄想は尽きません
posted by nihondandy at 08:49| 日記

2013年05月16日

たまにはエロゲをきちんとプレイしてみる

積んでいたエロゲ「向日葵の教会と長い夏休み(ひまなつ)」をやってみた。
今日は延々とこのゲームの感想です。

こういう時期しかエロゲをきちんとプレイできないのと
良ゲーのオーラが出ていたので、しのばす攻略開始。

1ヒロイン9時間くらいでしょうか、気になっていた子を二人プレイ
容姿に華があるメインヒロインの詠(よみ)。
ツンデレ幼馴染のルカ。

どうしても直近でハマッたエロゲで、真夏が舞台の
「この大空に、翼をひろげて(ころげて)」と比較してしまいますが
ころげてが、ファンタジー要素を排した等身大の青春群像劇だったのに対し
ひまなつは霊界や神などのファンタジーを絡めた現代劇。
僕のプレイしたゲームでは「AIR」や「水夏」が近い。

「このあいだ鎌倉に行った時、仕入れた武器」というセリフや
バスしか交通手段が無い海沿いの村ということで
物語の舞台は三浦半島南部をイメージしているのかもしれない。
前々からさとうさんとこのあたりを旅行する計画があるので
近いうちにに実行したいかも。

真夏はエロゲの舞台になりやすい。
夏があまり好きではない僕ですが
これらの作品のおかげで幾分か助かっています。

・メーカー自ら「雰囲気ゲー」と詠っているだけあり
キャラは好感の持てる人物ばかりで
楽しくプレイできました。
雰囲気や登場人物に好感が持てないと序盤で投げてしまうので
これは地味に重要な要素だと思います。

ビジュアルとエロスに関しては
ケロQ系のメーカーなのでお墨付きです。
僕は勝手に、ある範囲のメーカーや絵師を「ケロQ系」と括っていますが
このゲームもまさにソレ。

人気萌え絵師を起用しているわりに、エロに遠慮が無い。
全裸や露出系のイベントCGが多くてうれしい限り。
とても理想的でアリマス。

うちのサークルのカラー絵も、
ケロQ系の塗りを意識している場合が多いです。

・「ひまなつ」でもセックス以外に
全裸ハプニング系のエッチなシーンや
裸の立ち絵を生かしたシーンがいくつもあり大満足でした。

シナリオも感動的なシーンが時折あり地味に良ゲーといった感じ。
これは主要キャラの人物の大きさによるところが大きいと思う。

最近は「尊敬したくなるくらい器の大きい主人公」がトレンドなのだろうか。
一昔前は、ネガティブな部分での
ユーザーとの共感を狙った主人公が多かったと思います。

個人的な例では
器の大きい主人公の代表はシュタゲの岡部。
ネガティブな主人公の代表はエヴァのシンジ君。

今作の主人公も、すっごいいい奴で、人間も出来すぎている。
「若くて、イケメンで、スッゲェいい奴ならそりゃモテるわ」と
一抹の劣等感は覚えるものの
こういう男が主人公の作品は良作が多いと思います。

・「ひまなつ」の残りのヒロインや
「この大空に、翼をひろげてFD」の未プレイ部分は
夏コミ後に取ってあります。

真夏にプレイする、真夏が舞台のエロゲは、より楽しいので。
posted by nihondandy at 18:40| 日記

2013年05月15日

自由に洗濯していけ

昨夜旅行から帰ってきました。
日月火と、ずっと気を張っていたためか、朝まで爆睡。

先ほど起きて、風呂入って、洗濯機回して、コンビニに朝食を買いに行って
いまココ。

通常の洗濯物に加え、祭りの衣装、もうしまう冬物、
夏布団に替えたいのでフトンカバー・・・
今週はスキあらば洗濯機を回す日々になりそう。
晴れの日が少なそうですが・・・。

・久々に応援バナーを換えました。
「この大空に、翼をひろげて」はメーカーでも
展開が終わってしまったようですし。
ファンディスクの主題歌&サントラはCD欲しかったな・・・。
夏コミで販売しないかしら!?

せっかく作品は素晴らしいのに、商品展開やメディアミックスには
あまり熱心ではないようで勿体無い。

こういう良シナリオゲームを京アニでアニメ化すれば
ヒットアニメになるだろうに(願望)

換えたバナーのゲーム「せんすいぶ!」は
予約特典の「全裸DISK」が素晴らしい!
年に一度有るか無いかのビッグウェーブが来たぜ!
(ちなみに去年は「恋妹SWEETDAYS」の全裸パッチが素晴らしかった)

萌えゲーでの立ち絵全裸化は珍しい。
全裸パッチといっても「全裸+鎧」「全裸+バンソウコウ」など
「全裸ではない」場合が多い。
そういうのを除くとさらに珍しい。

スク水を売りにした作品での
全裸パッチはエロゲ界初ではないだろうか!?
スク水スキーには悪いけど、これもすっごい嬉しい。
水着、下着まで脱がせたら、裸も見たいじゃあないか。

全裸立ち絵スキーとしては応援せざるを得ない!

全裸DISKがもらえるのは6月3日までのようです。急げ!

・今週のマガジンヤバイ!全裸祭りだ。
今年初の祭りではないだろうか!?
毎週成果の上がらなかった、メジャー4誌のお色気シーンチェックも
報われた気持ちです。

思うところが多いのは「フェアリーテイル」
服だけ溶かすブレスを吐くという(その発想はなかった脱帽。
服を溶かすのはスライムだけじゃないのね)
なんともエロいドラゴンが登場。

最後のページでお色気担当っぽいヒロインがマッパにされた。
そしてメインヒロインっぽい雰囲気の可憐な黒髪ロリも
そのブレスの餌食になるのか!?
というところで次回へ続く。
すごく気になる。

・・・だが、永年の経験上言いたいことがある

この黒髪ロリは95%、餌食にならずに済む(脱がない)

過去に出会ったいくつもの作品で、こういう展開になるものの
一番脱がせて欲しいヒロイン(大抵はメインヒロインで可憐な子)だけ
助かる(脱がすに済まされる)パターンがほんとうに多くて
苦汁を飲まされてきたのだ。

シリーズモノのエロアニメや、連載モノのエロ漫画で、
一番可愛いメインヒロインのエロシーンは
最終巻・最終話でやっと出てくる。
最悪の場合、無し。
という経験をされている方は多いのではないでしょうか!?

出し惜しみダメ絶対!

自分の漫画では、本番だけでなく「全裸で恥ずかしい目に遭わせる」も
エロなので、出し惜しみはしていないつもりです。
そんなことしたら、僕自身が欲求不満になりますし。

・・・もし5%の確率で、来週のマガジンでこの子がマッパにされたら、
マガジンを目の前に置いて土下座します。
家の中でですが、本当にやります。

熱く語ってしまいましたが
これも数日抜いていないせいか!?

俺のチンコは爆発寸前!
posted by nihondandy at 09:15| 日記

2013年05月13日

皇潤を飲まなくては

今日はボブさんのお店の町内(神田泉町)の神輿を担いできました。
町内はバリバリの江戸っ子ばかりで、気性が荒いと聞いてgkbrしていたのですが
むしろそれよりカラダがやばい。
肩と膝が痛いッス。
現在走れません。階段の上り下りがタイヘン。
運動不足のカラダにはハードすぎでした。

「肉体の疲労がある値まで達すると、むしろ陶酔感に変わる」
「筋力の落ちまくった腕では、箸(僕はグラスでしたが)すら重く感じる」
という、刃牙に出てきた現象を体験しました。

コースは昭和通りから山手線をくぐり、神田明神へ一直線。
途中、UDXやK-BOOKSの前や中央通を通るので
オタクとしてはテンションの上がるシチュエーションでした。
デジタルな電脳街を練り歩く、超アナログな祭みこしという
カオスな空間が面白かったです。

そんなこんなで、明日は早朝から友人と旅行なのだぜ。

今からなるべく寝ておこう。
posted by nihondandy at 01:43| 日記

2013年05月11日

麺類が好き

夕飯は福しんで、つけ麺・半チャーハンセットを食べる。
専門店の濃厚魚介系つけ麺も好きだけど
日高屋や福しんの、醤油ラーメンスープ+若干酢のような
あっさりつけ麺も好き。

具のメンマを食べながら
「女の子に”めんま”って名前付けたら可愛いくね?」
と、思いついたのですが、ただちに
「有名なキャラですでにいるぢゃん!あの花を見なければ・・・」
と思いなおす。

今日も店内で
客「広東麺」
接客のおばちゃん「カントンでーす!」
厨房のおじさん「カントンでーす!」
俺「(俺は仮性です)」
・・・のコンボ発生。

店内BGMはあいかわらずの昭和歌謡。

この店好きだわ。

・最近、孤独のグルメツアー的な、漫画に登場した店巡りに
行っていないのですが、
そういうお店や、いわゆる地元の常連しか通わない店に
いかにも「マスコミの影響で来ました」という雰囲気の
遊び着で、一見さんで、若造(!?)の自分が入っていくのは
ちょっと抵抗があります。

常連客のオジサン達に
「以前は静かでゆっくりできる店だったのに
最近はマスコミの影響で、若いチャラチャラしたヤツが増えてサ・・・」
と、思われている気がして・・・。

それじゃあ、ゴローちゃんみたいにスーツを着て、
「たまたま、外回り中のサラリーマンが来た」という設定で入れば
店主や常連客に「こいつもマスコミの影響で来たな」と
思われずに済むかもしれない。

そこまで心配するのは心配しすぎな気もしますが
むしろ徹底的にサラリーマンを演じるのは楽しいかもしれない。
容姿だけではなく、待っている間に手帳を広げて
「明日は大崎で会議か・・・」みたいな演技もする。

グルメ漫画に登場したお店の多くは、我々のような
漫画の影響で来た一見の客に対し、ウェルカムな雰囲気なのですが
常連客や店主と気まずい雰囲気になるお店もたまにあるので
そういう心配もしていしまいます。

我々はアウェーな立場なので
あまりはしゃがないようにはしていますが。
聖地探訪の暗黙のルールのようですし。

孤独のグルメ原作に出てきた信濃町のペルー料理の店や
「中二病でも恋がしたい!」の舞台になった校舎跡は
スタッフの方が率先して、その作品の話をしていただいて
・・・とても有難かったです。

・「中二病でも恋がしたい!」二期の
制作発表をpixivのニュースで知る。
もちろん嬉しい。
しかし、続編の作りにくい終わり方をしたので、
(勇太と六花はくっついたし、中二病と過去や世間体
という問題にも一応折り合いをつけた)
六花達がどんな青春模様を繰り広げるのかに期待。
(京アニなのでエロ分は最初から期待しない)

今度は凸守を応援しながら見てみるか。
六花も可愛いけど「六花は勇太の嫁」イメージが
強くなりすぎて、な。

(「六花はマナの嫁」というセリフも、
ドキプリ界隈で言われていそうだな・・・)

一色に彼女ができるといいな。
イロモノ男キャラにも見せ場を作れる作品はいい作品。

・・・いろいろ思うところはありますが
そういえばこの作品はフィギュアが全然出ませんな。

立体映えしそうな子ばかりなのに。
京アニ作品にしては華のあるキャラデザだし。
しないのは勿体無い。

髪型が選択できる凸守フィギュアが出たら買う。
エロくなくても買うと思う。

表情が選択できる森様フィギュアが出ても買わない。
エロかったらその時考える

・日月火曜日と、ボブさんのお店の町内のお神輿を担ぎに行ったり
友人と泊まりの旅行に行ったりするので
ちょいと更新が滞ると思います。

明日から晴れの天気が続くようなので
今回は雨男属性回避か!?
posted by nihondandy at 10:31| 日記

2013年05月10日

ぼくのすきなひと

ネットサーフィンをしていると
すでに消えている海外のサイトでよく見かける
女子大生のお姉さんが、なんだか好きです。

ネット上でもたまにネタにされているので
ネットユーザーの間ではそれなりに有名な人だと思います。

そのお姉さんについてまとめたサイトがあったのでご紹介コチラ
この欧米人独特の濃い笑顔が印象に残ります。

「いい味」度では札束風呂といい勝負。

・ちょっと前に東京MXでやっていた「カメラと旅する鉄道風景」が好きでした。
プロの鉄道カメラマンに同行しながら、撮影技法はもちろん
ローカル線の沿線の風景やグルメを紹介する番組。
BGMもあいまって、のんびりした雰囲気のいい番組でした。

その番組に出演されていたカメラマン中井精也さんのサイト
「一日一鉄」と称し、毎日新作をアップするという
気合の入った見ごたえのあるサイトです。

どの写真も幻想的だったり、癒されたりで素晴らしい。

誰でも行ける場所、誰でも購入できる機材で
このような素晴らしい画像を作り出せる。

プロの技術とセンスに脱帽です。

「カメラマンは、綺麗な場所に行って、シャッターを押すだけの簡単なお仕事」
と思っていた時期も正直、ありました。
それだけに、写真という機材の可能性に驚かされます。

中井さんは、ちょっとうちのボブさんに似ている。
posted by nihondandy at 09:30| 日記

2013年05月09日

ピュアセレクトマヨネーズ

昔、食料品倉庫でバイトしていた時に
親会社の社員さんが着ていた「味の素ピュアセレクトマヨネーズ」
と背中に大きく書かれた白いジャンパーが(おそらく非売品)
とても羨ましかったことを思い出しました。

ヤフオクで調べても、ネットで探しても売っていない模様。
もう十年近く前の話だしなぁ・・・。

買っても着ないと思いますが・・・。
もうそんな歳でもないですし。

二十代ならウケ狙いで、むしろカッコイイと思って着て歩いたと思います。
(そういう感性だったので恋人とは無縁の二十代を送ったと自己分析。)
三十代になってからは、服装は「無個性・無難」を心がけるようにしています。
中身がヘンタイなので、それを隠す・中和する意味で。

しかし、今でもうっかり「タイガー&バニーTシャツ」や「天使ちゃんマジ天使Tシャツ」
を着て出かけてしまうことがたまにあり
すれ違う好奇心旺盛な女の子に笑われて赤面することがあります。
P1030780.jpg
posted by nihondandy at 20:26| 日記

2013年05月08日

なごむ

電車に乗っていたら、ギャル系の女子高生が
小さなカーネーションの花束を持っている姿を見かける。

家に帰ったら、すごく照れくさそうに視線をそらしながら
「ママ・・もうすぐ母の日だからサ・・コレあげる」
みたいな感じになるのだろうか。
そんなことを想像してとても和みました。

演出の仕方によっては、ちょっとお涙頂戴なシーンになりかねない。
オサーンになると家族愛的なシーンに弱くなる・・・。

・アステカイザーの悪の幹部が、悪役だけどすごく人の良さそうな人相で
いい味出してます。
山本昌平さんというれっきとした悪役俳優の方ですが
この悪の幹部が、悪人ですがよく笑うので「実はいい人かも」と思えてしまいます。

某所のアステカイザー実況スレを見ていたら、このキャラは「昌平」と呼ばれ
主役以上の人気でした。
やっぱりみんな(というかその板の住人)も、この人が気になっているんだ
とわかってちょっと面白かったです。
posted by nihondandy at 11:50| 日記

2013年05月07日

祝日のばかぁ!

昨日は23時ごろ寝て、7時前に起きる。
「ハッ 伊集院聴き逃したorz」
祝日のバカー!
昨日は日曜日感が強かったのよ・・・。

・さて、夏コミにむけて作業を開始したいわけですが
選択肢が多い故に、どれから手をつけていいのかわかりません。
毎度迷っている間に時間が無駄に過ぎるので
現時点で一番描きたくなっているものから着手するのが良かろう。

・基本的にエロゲをやるのは真夜中ですが
最近は上記のようなサイクルで寝てしまうことが多いので
なかなかエロゲを消化できずにいました。

昨日の朝もそのパターンでしたが、
よっぽど欲求不満が溜まっていたのか朝6時からエロゲ開始。
面白いゲームだったので昼までやりこんじゃいました。
超ただれた生活ができる休日バンザイ。

そのゲームが密室ブリード。同人ゲームです。
とてもヨカッタので紹介。

3Dの調教ゲームですが、調教の対象となる女の子が
幼めの体型でツンツンした女の子だったので、ツボでした。

どうしてもエロ重視のゲームってムッチリした体型のお姉さんが多く
個人的にはマイナス要素で御座います。

調教開始当初は反抗的な態度ですが、その態度のまま裸に剥いたり
ムチで叩いたりできるのがエロい。

しかし、体力や精神力の管理をおろそかにしていると即バッドエンド。
でも管理の要領がつかめてくると「飼っている感」が味わえて良い。
パラメーター管理の難易度や仕組みも絶妙でした。

最終的にはアヘアヘで腰を振るヘンタイに調教できるのですが
(FAQページで配布しているデータで追加されるエンドレスモードは
タイムリミットを気にせずとことん調教できてオススメ。)
痴女属性が無い僕でも、リアルタイム3Dと音声でそれをやられると
「ちょっといいかも」と思ってしまいました。

あと、薄い陰毛を残したままにしておくとか(剃毛もできる)
完全着衣(体操服上下)で拷問してみるとか
・・・いままで持っていなかった性癖がいくつも開花しそうになりました。

調教ゲー自体ほとんどやったことが無かったのもありますが
調教が進み、こっちがせっせと女の子の世話(パラメーター管理)をして
女の子が調教を楽しむようになってくると
「このゲームを楽しんでいるのは僕なのかこの子なのか!?」と、
うんにょりした気持ちになっている自分が面白かったです。

僕は淡々と
体を洗ってあげたり、食事をあげたり、調教したりする。
女の子は白目を剥いて「もっとエッチなことして〜。キモチイイイコトして〜♪」と喜ぶ。
「あれ?奉仕してるのは俺じゃね!?」
変な感じになる。

みうらじゅん大先生曰く
「Sはサービス、Mは満足の略。SはMを満足させるために存在する。」
という言葉の意味を実感できました。

このゲームオススメです(微妙な紹介だ)。
posted by nihondandy at 07:16| 日記

2013年05月06日

今日もいい天気でした

今週からドキプリをちゃんと見ようとする。
今回は六花メイン回。
わたしには御褒美です。

競技カルタにハマり、成績低下に悩む六花の話。
「競技カルタ」「カルタのクイーン」
某カルタ漫画の影響か!?

パジャマ姿でも
ジャージ姿でも胸がペッタンコな六花に萌えます。

これは六花初心者の僕へのボーナスですか!?
ネトゲーを始めると貰える、ゆるい課金アイテムみたいな。

ラストは満面の笑みで両親と手を繋ぎながら
ジャージ姿で帰っていく六花。
14歳の娘さんならジャージ姿で外を歩く事や
親と手を繋いで歩くことなんて嫌がるだろうに
この子ったら・・・ええ子や。

この子から滲み出ている、器用貧乏臭や、損な役回り臭に
キュンキュンします。
美人で頭がいいけど、貧乏クジキャラな雰囲気がある。
僕の勝手なイメージですが。

・結局コミティアに行ってきました。
開場直前に着いて、三時ごろまでいました。

外周と特に興味の無いエリア以外は、全て見て回りました。
すっごい疲れましたが、有意義でした。

おかげで収穫もバッチリ。
オカズ的な意味でも。

P1040065.jpg
ビッグサイト東館の東出口の二階からの風景。
ベンチがあり、人は少ない。
座って缶のアイスコーヒーを飲みつつ、この風景を眺めながら休憩。
これぞ最高のリラックスだ!
こういう埋立地の無機質な風景が好きなんだな・・・。

休憩が済んだら、最後にもう一回り。

コミケでガツガツとオカズを収集するのも楽しいけど
自分のペースでマッタリ楽しめるコミティアもまたいい。

自分がサークル参加しないイベントは気楽でいいなぁ・・・。

りんかい線駅前のローソンで京都限定のまどマギ八橋が売っていました。
P1040074.jpg
京都限定なのに・・・。

このローソンは、たびたび微妙にレアなグッズを売るのよね。
杏子やマミさんの一番くじフィギュアもこのローソンでゲットしたし。

この包装紙をめくるとれっきとした聖護院の八橋。
まどマギのシールが入っているとかは無く。
包装紙を雑に開けなくて良かった。

ほむらにちなんで、真っ黒な黒ゴマ味。
パッケージはまどかとほむらの二種類でしたが
まどかはノーマル味かしら!?

開封後は数日で食べなければいけないそうですが、
一人で食べきれるかしら!?(10個入り)
僕と八橋を食べてくれる女性を募集。(八橋で釣る気か!?)
僕の松茸を収穫してくれる女性もまだまだ募集。
エブリデイ・エブリタイム募集。

「キミと味噌汁が飲みたい」というローカルCMが中学の頃
流行ったな。
posted by nihondandy at 05:53| 日記

2013年05月05日

うちの智絵さん

うちの田中智絵ちゃんが
人によってはエヴァのマリしゃんに見えるかもしれないことは
以前お話しましたが
コミ1新刊では、冴がお姫様みたいな衣装を着ていることと
「さゆる」が発音しにくいので
智絵は冴のことを「姫」と呼ぶ。

エヴァQでもマリがアスカを「姫」と呼ぶのよね。
後から気が付く。
これは偶然で、最近まで気が付きませんでした。

冴の衣装はキュアマリンを意識しています。
これは意図的にやっています。
マリンのコスチューム&キャラクターデザインは
洗練されていて素晴らしいと思います。

・明日のコミティアに行くかどうか迷います。
イベント全体の画力の平均値が高い上に、見て回りやすいので
とても勉強になりますし
普段エロを描かない上手な絵師が気まぐれで描いた裸絵を発見すると
お宝を見つけたような気持ちになれます。

エロばかり描いている僕が言うのもナンですが
普段エロを描かない人の描く裸絵って破壊力あるのよね。
レアリティも手伝っているとは思うのですが。

たとえば少年漫画で同じ絵柄でも
ラブコメ作品で裸をバンバン出されるより
シリアス作品で、メインヒロインが連載開始からかなり経ってから
披露するおヌードのほうが破壊力が高い。
(どちらも有難いけど)

悔しいけど事実。

かと言って我々エロ同人描きがそれを実践するわけにもいかないので
考えてもしょうがないのですが・・・。

しかし、サービスシーン収集家としては
このあたりについては一言も二言もあります。

・・・でも、行くのしんどいなぁ。
明日はとらの通販届くし(さっそく六花本を買いまくったZ!)

・・・でも、取材とお宝発掘は魅力的。
迷う。

すっごくどうでもいいことですね。
まさにここは俺の日記帳。
posted by nihondandy at 00:54| 日記